更新日:2017/08/30

格安simでもかけ放題は使える?おすすめの音声通話プランを徹底比較

はじめに

大手キャリアの回線を借りてネットサービスを提供することで、低価格な月額料金を実現している格安スマホ。 「安くなるなら」と興味を持ちつつも、仕事などで電話を頻繁に使う人の場合はネットサービスだけでなく音声通話サービスも気になりますよね。 オプションでかけ放題プランをつけられる会社はいくつかありますが、その料金システムはどうなっているのでしょう。 今回は、かけ放題プランのある格安SIM会社についてご紹介します。

格安SIMでかけ放題がある格安SIM会社一覧と料金比較

格安SIMに参入している会社はいろいろあり、各社魅力的なプランを提供しています。 音声通話かけ放題のサービスを提供している会社もいくつかありますので、それぞれの料金やサービスの内容について比較してみましょう。

docomo回線でかけ放題がある格安SIM

LINEモバイルはdocomoの回線を利用している格安スマホです。 そのためSIMフリーのスマホかdocomoの端末を持っていれば誰でも利用することが可能です。 他の格安スマホ会社と同じく、LINEモバイルも通話SIMに申し込めば音声通話が可能です。

しかしその際の通話料金は基本料金の中に含まれず、30秒につき20円かかってしまいます。 ではかけ放題プランはないのかというとそうではありません。

実は、LINEモバイルには「10分かけ放題オプション」があります。 このオプションは6月に新しく開始されたもので、月額880円で毎月10分以内なら回数に関係なくかけ放題となります。 このかけ放題プラン最大の魅力はなんといっても価格です。mineoの5分かけ放題が月額850円なのに対し、LINEモバイルは倍の10分で30円しか変わりません。 また格安SIMの中でも10分かけ放題を設けている会社が少ないのも魅力のひとつといえるでしょう。

LINEMOBILE

au回線でかけ放題がある格安SIM

また、uqモバイルにも定額のかけ放題プランがあります。 uqモバイルはauの回線を利用して通信を行う格安スマホで、「ぴったりプラン」もしくは「おしゃべりプラン」の2つの定額プランを提供しています。

それぞれデータ容量の大きさに応じてS・M・Lの3コースが用意されていますが、ぴったりプランのSでは月に最大60分まで通話料金がかかりません。 対しておしゃべりプランの場合、どのコースを選んでも5分以内の国内通話なら無制限で何度でも利用できます。

アプリを利用するlineモバイルと比較すると、uqモバイルは電話回線を使用するので音質が良く、スムーズな通話が期待できます。 月額料金はどちらのプランでもSなら1980円、Mは2980円、Lは4980円です。 ちなみにこれはキャンペーン適応時の金額ですので、詳細は契約前に確認しましょう。

UQモバイル

結局どれがおすすめ?かけ放題がある格安SIMを選ぶポイント!!

「かけ放題」といっても、アプリなしで利用できるもの、オプション料金を払えば時間内は実質無料で話せる通話定額のもの、基本料金に含まれるもの…など会社によってサービス内容は異なります 使い方によっておすすめや月額料金は変わりますので、自分の月々の通話量などから考えてみましょう。

また、電話回線を使う場合とアプリでインターネット回線を使う場合とでは音質に差が出ることがあります。 よりクリアな音質を求めるなら電話回線を使った通話がおすすめです。 最後に、使い方別のおすすめ格安SIMをご紹介します。

電話する時間が1回10分以上なら絶対楽天モバイル

楽天モバイルには、月額の基本料金と端末代、そして5分以内の通話無料がセットになった「コミコミプラン」という料金プランがあります。

Sプランならデータ容量2GBとスマホ本体、そして5分の電話かけ放題がついて1年間は月額1,880円(2年目以降は2,980円)ですので、お得に利用することができます。

またそれだけでなく、月々プラス1530円で5分かけ放題を「楽天でんわ かけ放題 by 楽天モバイル」に変更することが可能です。 これは楽天でんわアプリを使えば国内電話なら何分かけても、何度かけても無料になるオプションプランです。

1回の電話が10分、20分…とついつい長くなってしまう人におすすめです。 音声通話SIMのプランで、電話回線を使うので音質も問題ありません

楽天モバイル

5分後にかけ直す事が苦でなければmineo

mineoはマルチキャリア対応であり、docomo回線とau回線のどちらかを選ぶことができます。 docomo回線の場合はデータSIMの月額料金にプラス700円、au回線ならプラス610円で音声通話SIMを選ぶことができます。

プランはデータ容量別に7種類あり、余ったデータを家族で分け合えるシェアプラン(無料)もあります。

そんなmineoは、通話時間が1回あたり5分に満たない人におすすめです。 mineoの「5分かけ放題サービス」なら、月々の利用料金850円で5分以内の国内電話がかけ放題になるのです。

利用には専用アプリ「mineoでんわ」が必要ですが、回数制限なく何度でもかけられます。 もし通話が5分以上になるときには、一度電話を切ってかけ直せば無料で利用できるのでおすすめです。

mineo

通話回数が少ない人はBIGLOBEモバイルの最大60分で月650円の通話パック

これまで見てきたように、格安SIMの場合、音声通話のかけ放題が月額料金に含まれていない場合でも、オプションで追加できることが多くあります。 BIGLOBEもそのひとつで、月額なんと650円で最大60分の国内電話が可能になります。

利用は通話SIMを利用している人限定で、無料アプリ「BIGLOBEでんわ」をダウンロードする必要があります

60分を超えると30秒につき10円の利用料金がかかりますが、通話時間が長い人にはお得なプランといえるでしょう。 また、このプランは他社と比べても圧倒的に安いところが魅力です。同じプランを利用できるmineoは60分で1,680円BIGLOBEモバイルに比べて1,000円以上も高くなっています。 その上、インターネット回線ではなく電話回線を利用するので音質もクリアです。

BIGLOBEモバイル

料金にこだわるならDMMモバイル

とにかくスマホ料金を安く済ませたい人なら、DMMモバイルの格安スマホがおすすめです。 DMMモバイルのデータ通信SIMプランなら最安の440円で利用することが可能ですし、通話対応SIMプランでも1140円から申し込みできます。

電話料金は30秒につき20円ですが、「DMMトーク」というアプリを通して電話をかけるだけで通話量に関わらず料金が半額になります。 これはデータ専用SIMでは利用できませんので、通話に対応したSIMを申し込みましょう。

あるいはオプションとして、5分かけ放題のプランもあります。 5分以内の国内電話が何度でも無料になるサービスで、月々850円で利用できます。 こちらもDMMトークというアプリを通しての電話になります。

DMMは基本料金が安いのでオプションをつけても低価格でスマホを持つことができるでしょう。 docomo回線を利用した通話ですので音質も安定しています。

DMMmobile

このように、電話がかけ放題のプランを提供している格安SIM会社はいろいろとあります。 それぞれ内容が違いますので、自分に合ったプランを見つけられるよう、よく確認してみましょう。

関連記事

【2018年】格安simを徹底比較!今月中に乗り換えないと損する3つの理由

「2017年1番人気の格安SIMってどこだろう」

【2018春】人気の格安SIMはどこ?最新版ランキングと主要おすすめ6社

「みんなが選んでいる格安SIMってどこだろう?」「…

【2017年版】格安SIM6社の通信速度を比較してみたらキャリアより速…

「格安SIMって安いから速度が心配…。実際、大手キャ…

格安SIM音声通話徹底比較|かけ放題プラン付の格安SIMが月々2000円

「格安SIMの中で1番音声通話がお得なのはどれ?」

手持ちのiPhoneは格安SIMで使える?乗り換えにおすすめ6社

【iPhoneでの乗り換え人気ランキング!ベスト3】