更新日:2017/08/30

格安SIMはテザリングできないの?確認ポイントは機種と速度の2つだけ

はじめに

大手キャリアのスマホでテザリングを利用している方は、格安SIMへの移行に不安を覚えるケースも少なくありません。

しかし、月々の通信費を節約したいと考える方にとって、格安SIMというのはとても魅力的なもの。 格安SIMでも安全安心にテザリングを使うには、どのような会社を選びどのようなことに注意すればいいのでしょうか。

格安SIMに乗り換えてもテザリングはできる

格安SIMでお得にテザリング

スマホと一緒にパソコンやiPadなどのタブレットなどの端末を利用する方にとって、テザリング機能はなくてはならない存在となっています。 大手キャリアの回線を利用して、通信環境を提供している格安SIMでも、基本的にテザリング機能の利用は可能です。 大手キャリアの場合は、テザリングを利用するためにオプションの契約が必要なケースもあります。

しかし格安SIMの場合は、オプション契約不要のケースがほとんど。 テザリングに関しても、格安SIMの方がお得だと言えます。

会社・プラン・機種によってはテザリングできないケースも

格安SIMでスマホを契約した場合も、基本的に利用可能なテザリングサービス。 しかしどの会社と契約するのかどんなプランで契約するのかによって、テザリングができないというケースもあります。

同じ業者でも、iPhoneなのかAndroidなのかによってもテザリングが利用可能かどうか変わってくるので、格安SIMで利用したい機種や会社をあらかじめよく調べておくことが重要です

テザリング先の通信速度に注意

スマホからテザリングを利用してモバイル機器の通信を行う場合は、テザリング先となる機器の通信速度が落ちる傾向にあります。 大手キャリアで契約をしているスマホであれば、スマホ本体の通信速度が高速なので、テザリング先の通信速度も気になるものではありません。

しかし格安SIMでテザリングを行う場合は、最初に契約する際の通信速度に注意をしなければならないのです。 スマホとして利用することだけを頭に入れて格安SIMの契約をしてしまうと、テザリングを利用するときに今までよりもすごく遅く感じるというケースも発生してしまいます。

テザリングを利用するとわかっている場合は、通信速度を速めに設定している会社を選ぶようにするといいでしょう。

格安SIMでテザリング可能な端末をチェック!

ドコモ系端末でのテザリングはiPhoneがおすすめ

ドコモで販売されている端末を使って、格安SIMの利用を考えている方は、利用したい端末がAndroidなのかiPhoneなのか確認が必要です。

ドコモで販売されているAndroid端末はテザリングがほぼNGとなっています。 ドコモのAndroid端末は、アクセスポイント名(APN)が他の端末とは少し違う仕様となっているからなのです。

通常ドコモのAndroid端末は、APNが「spmode.ne.jp」になっていますが、テザリング機能をオンにすることで「dcmtrg.ne.jp」に書き換えられてしまうのです。 ドコモのSIMを利用した端末の場合は、APNが書き換わってしまっても正常にテザリング機能は動作します。

しかし格安SIMを利用する場合は、エラーとなってしまいテザリング機能が利用できない状態になるのです。 一部のドコモのAndroid端末は、テザリング機能が利用可能となっていますが、ドコモの端末を利用し格安SIMでテザリングを行う場合は、テザリング可能なAndroid端末を利用するiPhoneを利用するようにしましょう。

au系端末ならAndroidがおすすめ

Android端末を利用して、格安SIMでもテザリングを行いたいという方は、au系端末の利用がおすすめです。 au系の格安SIMを利用することで、au系Android端末はほぼ全ての機種がテザリング利用可能となります。

ほぼ全てで利用可能だと言っても、中にはSIMロックの解除が必要となるケースもあるので注意が必要です。 利用したい端末を対応一覧でよく確認してから、契約を行うようにしましょう。

iPhoneについては、au系格安SIMでのテザリングが利用不可となっているものも多いので、SIMロックの解除を行ってもテザリングは利用できない場合があります。 au系の端末を利用したい場合は、AndroidのOSを搭載している端末にしましょう。

格安SIMでテザリングが利用できるおすすめの業者

大容量プランを業界最安値で契約できるDMM mobile

格安SIMを利用してテザリングを行うには、通信速度に見合った通信量の契約を行わなければいけません。

しかし、通信量が上がるほど料金が上がるのも当然のこと。 そこでおすすめしたいのが、大容量プランを格安価格で利用できるDMMmobileです。 データ通信量をとにかく抑えたいという方におすすめの業者で、最大20GBまでのプランを提供しています。

テザリングを行う際は最低10GBくらいの通信量を備えておきたいものですが、DMM mobileなら10GBで月額料金が2,190円から。 通話を含めたプランでも2,950円からとお得に利用することができます。

DMMmobile

楽天ポイントもためられる楽天モバイル

お得に格安SIMとテザリングを利用したい方には、楽天モバイルがおすすめです。 楽天モバイルも月額料金が10GBで2,260円、通話込みのプランでも2,960円と低めに設定されています。 楽天モバイルで注目すべきなのは、毎月の料金支払時に楽天ポイントがためられるということ。 楽天ポイントはネットショッピングや対応店舗でも利用することができるので、格安SIMを賢く利用できます。

楽天モバイル

プランの使い分けができるmineo

CMなどでも見る機会の多いmineoは、ドコモプランとauプランの2種類から選択することができます。 auプランであればテザリングに必要な10GBのプランも用意されており、快適にテザリングの利用が可能です。 月によってはテザリングをあまり使用しないという場合も、mineoであれば余ったデータを家族や友人とシェアすることができます。 お友達や家族にmineoユーザーがいる場合は、mineoでの契約がおすすめです。

mineo

格安SIMでもテザリングを活用しよう

いくつかの注意事項を守れば、格安SIMのスマホでもテザリングの利用が可能です。 今まで通りテザリングは利用したいけど、スマホの利用料金も見直したいという方は、格安SIMへの乗り換えを検討してみましょう。

関連記事

クレカなくても格安SIM!口座振替で料金支払い可能な3社とその方法2つ

目次はじめにクレカがなくても契約可能!口座振替ができる格安sim一覧楽天モバイルなら口座振替でも楽天スーパーポイントが毎月たまる動画見放題なBIGLOBEでも口座振替可能!大手キャリア回線から乗り換え ...

格安SIMでもlineは使える?引き継ぎ方法とたった1つの注意点とは

目次はじめに格安SIMでLINEを使うにはSMS付きプランがオススメ格安SIMでSMSが付いていない場合のLINEの使い方格安SIMのLINEで年齢認証はできない格安SIMを使ってLINE通話ができる ...

格安SIMはデビットカードもOK!注意点と支払い可のMVNO2社を紹介

目次はじめに格安SIMの料金をデビットカード支払いするときのメリットと注意点未成年やクレジットカードを持てない人でも格安SIMで契約できるデビットカード使用可と明記されているわけではない格安simの料 ...

使い放題プランのある格安SIM会社はどこ?人気のおすすめ2社紹介

目次はじめに使い放題プランとはまずは格安SIMの使い放題のメリット&デメリットを知ろう!低速とは一体何?高速・低速をコントロールできるMVNO格安SIMの使い放題がおすすめのユーザーとは?動画重視でス ...

実は嘘!格安SIMのデメリット7つ!騙されずに選ぶ基準はどう使うか!

目次格安SIMのデメリットと言われる代表的なもの速度が遅くなる時間帯がある通話定額や家族間通話無料が限られているクレジットカード支払いがほとんどLINEのID検索ができない店頭サポートが少ないキャリア ...