更新日:2017/08/30

クレカなくても格安SIM!口座振替で料金支払い可能な3社とその方法2つ

はじめに

「月々のスマホ料金が安くなる!」と話題の格安SIM。自社で回線を持たず、大手キャリアの回線を借りて通信サービスを提供することで低価格を実現しています。

そんな格安SIMですが、その料金の支払いはクレジットカード払いのみのことがほとんどです。しかし、なかにはクレジットカードではなく口座振替がしたいと考える人もいるでしょう。果たして、口座振替に対応している格安SIM会社はあるのでしょうか。

クレカがなくても契約可能!口座振替ができる格安sim一覧

格安SIMを提供している会社の多くは、支払い方法をクレジットカードに指定しています。

それは、クレジットカードの所有には審査が必要ですから、カードを持っている=支払い能力があると判断でき、料金未払いなどのリスクを回避できると考えられるからです。

しかし、以下に挙げる格安SIM会社は口座振替に対応しており、自分に合った支払い方法を選ぶことができます。

  • 楽天モバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • mineo
  • Y-mobile
  • OCNモバイル
  • DTI SIM
  • もしもシークス

ほかにもいくつかありますが、今回はこの中から4つの格安SIMについてご紹介します。

楽天モバイルなら口座振替でも楽天スーパーポイントが毎月たまる

楽天モバイルでは、クレジットカード支払いのほかにデビットカード口座振替に対応しています。

端末購入代金の支払いはできませんが、事務手数料と月額基本料の支払いに契約者本人名義の銀行口座から引き落としが可能です。

銀行引き落としの際は100円の手数料がかかります。

そして楽天カードを持っている人なら、口座振替でも支払いのたびに楽天スーパーポイントを獲得できます。

契約期間中は楽天市場での全商品がポイントプラス1倍で購入できるのでお得です。

ただし、ポイント付与対象となるのは、通信と電話での通話が可能な音声通話SIMのみで、通信のみを行うデータSIMは対象外です。

とはいえ、定額プランがあるのでお得な内容になっています。

楽天モバイル

動画見放題なBIGLOBEでも口座振替可能!

BIGLOBEの格安SIMは月々の利用料金に音声通話SIMならプラス480円、データSIMなら980円を支払うだけで高速通信容量を気にせずに動画や音楽を楽しむことができます

「エンタメフリー」というオプションで、対象のサービスが高速データ通信にカウントされないようになるのです。

そんな便利でお得なオプションがあるBIGLOBEも口座振替に対応しています。申し込みは電話もしくは郵送で対応しており、本人か同姓の家族名義の銀行口座のみ指定できます。

ただし契約できるのはBIGLOBEモバイルデータSIMのみで、音声通話SIMには対応していません

電話も使いたい!という人はクレジットカードでの支払いとなります。

BIGLOBEモバイル

大手キャリア回線から乗り換えOK!口座振替ができる格安SIM会社

大手キャリア同士の乗り換えが容易にできるMNPですが、大手キャリアから格安SIMへの乗り換えでもMNPを利用することができます

手数料はかかりますが、代わりに新規の電話番号を取得したときの手間(友人への連絡など)が省けるので便利ですね。

またSIMフリーの端末を持っていれば端末セットプランに申し込む必要がなく、さらに低価格なプランが選べます。

MNP対応の格安SIMのなかでも口座振替が可能なおすすめMNVOは以下の4社です。

au回線から乗り換えられるのはmineoだけ!

mineoはdocomoとauの2つのキャリアの回線を利用して通信を行う格安SIMです。

契約のときに選ぶ料金プランでどちらの回線を使うかを決めますが、契約中はプランの切り替えが可能です。

mineoも音声通話SIMとデータSIMのみの2つのプランがあり、かつ高速通信容量は500MB~30GBと利用者の希望に合わせて選べます。

電話かけ放題のオプションもあるので、自分に合ったプランを見つけることができるでしょう。

mineoも口座振替を利用できる格安SIMですが、利用するには一定の条件を満たす必要があります。

それはmineoの運営会社であるケイ・オプティコムが提供している「eo光」を契約しており、かつその支払いに口座振替を利用していることです。

mineo

docomo回線なら楽天モバイルかBIGLOBEモバイルに乗り換え

大手キャリアのなかでもdocomoの回線を選びたい!という人はhと楽天モバイルかBIGLOBEに申し込みましょう。

どちらも料金プランが豊富で、楽天モバイルなら音声通話SIMBIGLOBEならデータSIMの契約をすれば月額料金の支払いに口座振替が利用できます。

もし他のプランを選ぶのなら支払いはクレジットカードです。

それぞれ高速通信容量が30GBのプランもありますので、格安SIMといっても通信量を気にせずに使うこともできるでしょう。

SoftBank回線を利用したいならY-mobileで!

Softbank回線を使いたいならSoftbankのサブブランドであるY-mobileがおすすめです。

月額料金の支払いは口座振替かクレジットカードの2つから選べます。

申し込み時にクレジットカード払いを選んでいても、あとから変更することも可能です。

Y-mobileのプランは端末と音声通話SIMがセットになった「スマホプラン」を選べばお得に利用することができます。

S・M・Lと高速通信容量によって3つのプランがあるので、自分の使い方に合わせて料金プランを選びましょう。

ymobile

口座振替なら審査なしでお申し込みができます

クレジットカードは作るのに審査が必要なため、これから持とうと思ったら手元に届くまでどうしても時間がかかります

それに対し口座振替は銀行口座を持っていればすぐに申し込むことができる支払い方法です。

カードを持っていない、などクレジットカード支払いができない人、もしくはしたくない人は、口座振替に対応している格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

格安SIMでもlineは使える?引き継ぎ方法とたった1つの注意点とは

目次はじめに格安SIMでLINEを使うにはSMS付きプランがオススメ格安SIMでSMSが付いていない場合のLINEの使い方格安SIMのLINEで年齢認証はできない格安SIMを使ってLINE通話ができる ...

格安SIMはデビットカードもOK!注意点と支払い可のMVNO2社を紹介

目次はじめに格安SIMの料金をデビットカード支払いするときのメリットと注意点未成年やクレジットカードを持てない人でも格安SIMで契約できるデビットカード使用可と明記されているわけではない格安simの料 ...

格安SIMはテザリングできないの?確認ポイントは機種と速度の2つだけ

目次はじめに格安SIMに乗り換えてもテザリングはできる格安SIMでお得にテザリング 会社・プラン・機種によってはテザリングできないケースもテザリング先の通信速度に注意 格安SIMでテザリング可能な端末 ...

使い放題プランのある格安SIM会社はどこ?人気のおすすめ2社紹介

目次はじめに使い放題プランとはまずは格安SIMの使い放題のメリット&デメリットを知ろう!低速とは一体何?高速・低速をコントロールできるMVNO格安SIMの使い放題がおすすめのユーザーとは?動画重視でス ...

実は嘘!格安SIMのデメリット7つ!騙されずに選ぶ基準はどう使うか!

目次格安SIMのデメリットと言われる代表的なもの速度が遅くなる時間帯がある通話定額や家族間通話無料が限られているクレジットカード支払いがほとんどLINEのID検索ができない店頭サポートが少ないキャリア ...