更新日:2017/08/30

格安SIMでもlineは使える?引き継ぎ方法とたった1つの注意点とは

はじめに

今や多くの携帯ユーザーが利用しているメッセージアプリと言えばLINEではないでしょうか。 友人とのやり取りをほぼLINEで行っているユーザーにとっては、格安SIMでLINEがきちんと利用できるのかどうかは気になるところ。 LINEが提供しているさまざまな機能のうち、格安SIMで利用できるものとできないものをご紹介します。

格安SIMでLINEを使うにはSMS付きプランがオススメ

格安SIMには多くの場合、通話機能が付いたプランとデータ通信のみ可能なプランが用意されています。 そして、格安SIMでLINEを使うなら、できれば通話機能が付いているプランがオススメ。 なぜなら、LINEは最初にインストールしてユーザー登録する際、本人確認のための認証番号をSMSメッセージで送ってくるからです。

データ通信のみのプランではSMSが利用できないことからLINE認証番号が確認できないため、登録作業が面倒になってきます。 データ通信のみのプランの方が月々のコストは安くおさえられますが、SMS機能はメールアドレスを知らない相手とも電話番号でメッセージの交換ができるので便利でしょう。 例えば楽天モバイルでは、両プランの中間的な存在として、050番号が付与されSMSが利用できるプランもあります

楽天モバイル

格安SIMでSMSが付いていない場合のLINEの使い方

どうしてもSMSなしのデータ通信のみのプランで契約したい場合でも、LINEが絶対に使用できないわけではありません。 LINEの本人確認は、Facebookで認証することができます。 Facebookに登録していない場合は、先に登録しておきましょう。 ガラケーを持っている場合は、その番号を使って本人確認をすることも可能です。

LINEをインストールするのはスマホでも、電話番号を入力する画面でガラケーの番号を入力し、ガラケーに届いた認証番号を使えば登録することができます。 設定次第では、Facebookの友人をそのままLINEに引き継ぐことも可能です。

格安SIMのLINEで年齢認証はできない

格安SIMでLINEを使うと、利用できない機能が出てきます。 その機能が年齢認証。 大手キャリアは、契約者の年齢情報をLINEに提供していますが、格安SIMの販売会社はそれをしていないのです。 年齢認証ができないと、LINEのユーザーID検索(友達検索)機能が利用できません そのため、LINEのアカウントを交換する際にユーザー検索以外の方法ですることになります。 格安SIMでLINEアカウントを交換するには、近くにいる人とは「ふるふる」で交換するの が一番早い方法。

遠くにいる人とは、プロフィールにアクセスできる自分専用URLを発行するか、どちらかが相手のQRコードで検索して追加する方法があります。 QRコードは画像で相手に送信しても、読み取り画面でライブラリから画像ファイルを選択すれば、読み取り可能です。 どうしてもID検索を利用したい方はLINEモバイルにすればID検索が可能になります。格安SIMで唯一ID検索ができるのはLINEモバイルだけです。

LINEMOBILE

格安SIMを使ってLINE通話ができる

無料の音声通話機能

格安SIMでも、LINEの通話機能は使えます。 まずはLINEの音声通話機能。 LINEのアプリをインストールしている者同士が利用でき、パケット通信は発生しますが通話料は無料です。 相手のトークルームから、電話のマークを押すだけで発信することができます。

有料の電話機能

もうひとつLINE OutというLINEを使った通話機能があります。 こちらも格安SIMで利用可能。 LINEのアプリを利用していない相手や固定電話にも発信可能です。 電話回線を使った通話のため、電波状態は安定していますが通話料が発生します。 利用するにも面倒な手間はかかりません。 LINEの設定画面で、利用開始を選択するだけで誰でも利用できます。

通話料の支払いは携帯電話会社から請求されるのではなく、LINE側とのやり取りです。 アプリ上からコールクレジットをチャージしたり、コンビニでプリペイドカードを購入したりすることで支払いをします。

しかし、LINE Outを利用するならLINEモバイルの10分かけ放題を利用した方がお得でしょう。 月850円で国内通話が10分かけ放題となり、LINEを含むSNS関係がデータ消費ゼロになるカウントフリーつきとなっています。 LINEMOBILE

機種変更時のLINE引き継ぎについて

携帯電話の機種変更をしても、LINEアカウントはこれまで使っていたものをそのまま引き継ぐことが可能です。 ただし、機種変更をする前に手順を踏んでおく必要があるので要注意。 機種変更前にLINEのアカウント設定画面で、Facebookのアカウントかメールアドレスの登録をしておきましょう。 どちらか一方を登録しておけば良いです。

しかし、うっかり設定前に新しい機種でLINEを立ち上げてしまうと、LINEが引き継げなくなりこれまで使っていたアカウントとは別物になってしまいます。 ごくまれですが、一部機種ではFacebookアカウントを使った引き継ぎ認証ができないこともあるようです。 メールアドレスを登録しておく方が、どの機種に変更しても対応できるので安心かもしれません。 アカウントはこれで引き継ぐことが可能ですが、トークの履歴は消えてしまいます。 新しい携帯で同アカウントのLINEを一度開くと、古い機種ではLINEを開けなくなるのです。 残しておきたいトーク履歴は、事前にバックアップを取っておきましょう。

格安SIMでも問題なくLINEは使える

格安SIMでのLINE利用は、多少の制限があるものの、ほとんど大手キャリアと同じよう に使うことができます。メインで使うアプリの使用に問題が無いのであれば、月々のコスト がおさえられる格安SIMは見逃せないでしょう。

関連記事

クレカなくても格安SIM!口座振替で料金支払い可能な3社とその方法2つ

目次はじめにクレカがなくても契約可能!口座振替ができる格安sim一覧楽天モバイルなら口座振替でも楽天スーパーポイントが毎月たまる動画見放題なBIGLOBEでも口座振替可能!大手キャリア回線から乗り換え ...

格安SIMはデビットカードもOK!注意点と支払い可のMVNO2社を紹介

目次はじめに格安SIMの料金をデビットカード支払いするときのメリットと注意点未成年やクレジットカードを持てない人でも格安SIMで契約できるデビットカード使用可と明記されているわけではない格安simの料 ...

格安SIMはテザリングできないの?確認ポイントは機種と速度の2つだけ

目次はじめに格安SIMに乗り換えてもテザリングはできる格安SIMでお得にテザリング 会社・プラン・機種によってはテザリングできないケースもテザリング先の通信速度に注意 格安SIMでテザリング可能な端末 ...

使い放題プランのある格安SIM会社はどこ?人気のおすすめ2社紹介

目次はじめに使い放題プランとはまずは格安SIMの使い放題のメリット&デメリットを知ろう!低速とは一体何?高速・低速をコントロールできるMVNO格安SIMの使い放題がおすすめのユーザーとは?動画重視でス ...

実は嘘!格安SIMのデメリット7つ!騙されずに選ぶ基準はどう使うか!

目次格安SIMのデメリットと言われる代表的なもの速度が遅くなる時間帯がある通話定額や家族間通話無料が限られているクレジットカード支払いがほとんどLINEのID検索ができない店頭サポートが少ないキャリア ...