更新日:2017/08/30

ソフトバンク回線の格安SIMを教えて!おすすめ3社とMNP乗り換え方法

はじめに

ソフトバンクのスマホは会社の知名度も高く、iPhoneをはじめ高級感のあるものが多いですね。そのため毎月の使用料金や端末代金が高いことがあります。せめて毎月の使用料金をもう少し抑えたいと思うソフトバンクユーザーもたくさんいるのではないでしょうか。

そんな人におすすめしたいのが「格安SIM」への乗り換えです。これを利用すれば、例えば今使っているiPhoneのままでも、月額使用料をかなり安くすることができます。今回は、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えるときのポイントをご紹介します。

ソフトバンク系格安SIMとSIMロック解除

ソフトバンク回線の格安SIM

今までソフトバンク回線の格安SIMは全くなく、最近登場してきました。 ソフトバンクユーザーはSIMロック解除(後述)しなくてもいいため知っておきたいですよね! ソフトバンク回線を使用している格安SIM会社のなかでもおすすめの2社を紹介します。

Y!mobileの料金プラン

料金プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
月額基本使用料 2,980円 3,980円 5,980円
※1 1,980円 2,980円 4,980円
高速ネットも込み込み 1GB 3GB 7GB
※2 2GB 6GB 14GB
通話も込み込み 0円 (1回10分以内)

※1 スマホプラン割引/ワンキュッパ割引で1年間適用 ※2 データ容量増量キャンペーンで2年間

Y!mobileは、数少ないソフトバンク回線を使用している格安SIM会社の中でとても人気のある会社となっています。料金プランはシンプルに3つのプランのみで、1GB,3GB,7GBから選ぶことができます! スマホプラン割引、わんきゅっぱ割引が適用されると1年間毎月1,000円安くなります。 また、データ容量2倍キャンペーンにより、2年間データ容量が2倍に増えて使うことができます。最大の14GBが5,000円ほどで使えるのはソフトバンクの5GBが5,000円に比べると断然お得ですよね!

ymobile

b-mobileの料金プラン

データ使用料 月額基本料
1GB 2,450円
2GB 2,800円
3GB 3,150円
4GB 3,500円
5GB 3,850円
通話料 5分までかけ放題。5分経過語は10円/30秒 ※b-mobile電話アプリから通話をしない場合は、20円/30秒

ソフトバンク回線を使用しているb-mobile。 b-mobileの料金は、月額2,450円から使用することができます。 b-mobileは2017年、日本通信社のb-mobile(ビーモバイル)よりSIMカードの差し替えだけで利用できるソフトバンク専用格安SIMとして登場しました。

これによりソフトバンクユーザーも格安SIMを利用しやすくなります。 ただこれはソフトバンクのiPhoneとiPadのみ利用が可能であり、 Androidはまだ対応していません。また「データSIM」対応であって、「音声通話SIM」ではありません。つまりこのSIMカードは簡単に利用できるものの、通話ができないのが現状です。 もちろん、これから音声通話付きのSIM提供もされる予定ですが、今すぐにソフトバンクから格安スマホに乗り換えをしたい場合はどうすれば良いでしょうか。

ソフトバンク回線の格安SIMはほとんどない為SIMロック解除必要

現在ソフトバンクユーザーの方はソフトバンク回線を利用している格安SIM会社であればSIMロック解除をせずとも格安SIMに乗り換えることが可能です。しかしながらソフトバンク回線を使用している格安SIM会社は現状でもほとんどありません。そのため、ドコモ回線やau回線を使用している格安SIM会社に比べ会社数は少なく自分に合った料金プランを組むことができず、せっかくの格安SIMの強味を活かせることができません

使えるサービスが少なく、普段できることができないなどのデメリットが存在します! その場合ソフトバンク端末のSIMロックを解除し、格安SIMを使う方法があります。これによりソフトバンク回線以外の回線を使っている格安SIMを利用でき、電話番号も変わらないMNPでの利用ができます。

SIMロックとSIMロック解除の方法

基本的に格安SIMへ乗り換える場合、今使っている端末が希望の格安SIM会社の使用回線に対応していない場合、端末のSIMロック解除を行うことになります。 SIMロックとは、端末を購入したキャリアでしか端末を使うことができないというものです。SIMロックを行っている理由は既存顧客の囲い込みのためです。 端末を購入したキャリアでしかその端末を使うことができない為、今使っているの端末のままキャリアを乗り換えづらくなるというようになります。

しかし、2015年5月以降に発売された端末であればSIMロックを解除し、ソフトバンク以外の回線でネットや通話など使用することができます。 SIMロック解除をするにはソフトバンクの店舗に行けば対応してもらえますが、SIMロック解除手数料が税抜き3,000円かかります。 しかし、ネット上のMy ソフトバンクより、「契約・オプション管理」画面でSIMロック解除が無料で手続きすることもできます。 ただ、機種によっては購入日から181日経過しないとロック解除ができないので注意しましょう。

ソフトバンクの人におすすめ!格安SIM会社3選と料金プラン

格安SIMを提供している会社はいろいろとありますが、なかでもおすすめなのは「UQモバイル」「楽天モバイル」「LINEモバイル」の3つです。これらは知名度が高く利用者数も増えていること、月々の利用額を抑えられるメリットが高いことがあげられます。 まず一般的なスマホプランである3GBプランで比較すると、UQモバイルとLINEモバイルの月額は1,680円、楽天モバイルは月額1,600円です。 ソフトバンクの標準プランは5GBとなっており、iPhone7で見ると月々のデータ定額は5,400円となっています。

これだけでも格安SIMに変えた方が毎月およそ3,700円も安いことが分かります。また、iPhoneの端末料金を支払っても、ソフトバンクでは毎月およそ9,000円掛かるところ、格安SIMなら月額約1,680円にiPhone7分割払い料金4,140円が加算されて5,820円です。 毎月の支払額はソフトバンクよりもおよそ3,000円安くなります。 では先ほどの「UQモバイル」、「楽天モバイル」、「LINEモバイル」のおすすめ格安SIM会社についてもう少し詳しく見ていきましょう。

UQモバイルの料金プラン

おしゃべりプラン
プランS プランM プランL
月額料金 1,980円/月 2,980円/月 4,980円/月
データ容量 最大2GB/月 最大6GB/月 最大14GB/月
通話 "国内通話が5分以内なら何度でも無料
ぴったりプラン
プランS プランM プランL
月額料金 1,980円/月 2,980円/月 4,980円/月
データ容量 最大2GB/月 最大6GB/月 最大14GB/月
通話 最大60分無料/月 最大120分無料/月 最大180分無料/月

UQモバイルのプランはとってもシンプル。 主なプランは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の2つです。UQモバイルのデータ無制限プランは月額料金2,680円での利用が可能です。 プランを選ぶ基準として、通話の回数通話時間で選ぶとよいでしょう! 通話時間が短く、通話回数が多い場合はおしゃべりプラン。通話時間が長い場合(3時間以内)はぴったりプランを選ぶとよいでしょう! 自分の通話するスタイルに合わせてプランを選べるのは嬉しいですよね! また、UQモバイルのメリットとして

  • 通信速度が格安SIM業界最速クラス
  • 専用アプリを使わなくても通話ができる
  • SMSサービスが無料
  • ターボ機能でデータ消費量が0

があげられます。 UQモバイルは業界内でも通信速度が速く大手キャリアと比べても全くひけをとらない速さです。通話に関しては通常格安SIMでは通話をする際に専用のアプリを使用しなければならない格安SIM会社が多いなか、UQモバイルは大手キャリアと同様、専用アプリを使わずに通話することができます。 ターボ機能とは通信速度を自分で調整できるもので、ターボ機能を使うことで高速通信が必要がない時はデータ容量を節約することができます。データ容量は高速通信のデータ容量なのでSNSなどや音楽などどれだけ使ってもデータ容量を消費しないためデータ容量を節約し賢く使うことができます。

UQモバイル

楽天モバイルの格安SIMプランと通話料

通話SIM 050データSIM(SMSあり) データSIM(SMSなし)
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GB 2,150円 1,570円 1,450円
10GB 2,960円 2,380円 2,260円
20GB 4,750円 4,170円 4,050円
30GB 6,150円 5,520円 5,450円

楽天モバイルの料金プランは、データ通信料別に6つのプランがあります。 楽天モバイルのメリットとして

  • 時間無制限、回数制限なしの通話し放題
  • 支払い方法が選べる
  • 楽天カードで支払えばポイント2倍

が挙げられます。 格安SIM業界では、通話時間が無制限のかけ放題ほとんどないため、時間を気にせず通話することができるのが最大のメリットです。 また、楽天モバイルは余ったデータ通信料を翌月に繰り越すこともできます。

楽天モバイル

LINEモバイルの料金プラン

《LINEフリープラン(LINE使い放題)》
データ通信のみ データ+SMS データ+SMS+音声通話
1GB 500円 620円 1,200円
《コミュニケーションフリープラン》
データ通信のみ データ+SMS データ+SMS+音声通話
3GB なし 1,100円 1,690円
5GB なし 1,640円 2,220円
7GB なし 2,300円 2,880円
10GB なし 2,640円 3,220円
《MUSIC+プラン》
データ通信のみ データ+SMS データ+SMS+音声通話
3GB なし 1,810円 2,390円
5GB なし 2,140円 2,720円
7GB なし 2,700円 3,280円
10GB なし 2,940円 3,520円
通話料金
20円/30秒

LINEモバイルのメリットとして

  • SNSが使い放題
  • 通信速度がUQモバイルと同様に業界最速クラス
  • かけ放題の料金が他社に比べて安い

LINEモバイルではカウントフリーオプションによりLINETwitterInstagramFacebookのSNSアプリはデータ通信量がカウントされず、使い放題となります。 速度制限になってしまった場合でもSNSがサクサク使えるのはとても嬉しいですよね! また、mineoの5分かけ放題850円BIGLOBEモバイルの3分かけ放題650円に比べると、LINEモバイル10分かけ放題850円はとても魅力的です!

この他にも回線速度が速いのが特徴だったり、ポイントがお得に貯まったり、クレジット支払だけでなくLINEペイでの支払いが可能であったり様々なメリットがあります。 ただいずれの会社の格安SIMも、ソフトバンクの端末ではSIMロック解除が必要になります。

LINEMOBILE

ソフトバンクのiPhoneが使える格安SIMキャリア

mineo LINEモバイル 楽天モバイル UQモバイル BIGLOBE DMM
iPhone7 × × ×
iPhoneSE × ×
iPhone6s/Plus × ×
iPhone6/Plus × × × × × ×
iPhone5s/5c/Plus × × × × × ×
△:simロック解除が必要

まずソフトバンクのiPhoneで格安SIMを利用する場合、SIMロック解除が必要になります。2015年4月までに発売された機種はSIMロック解除ができないため、注意が必要です。 iPhoneではiPhone5sがありますが、他にはBLADE Q+などのAndroid端末が多く、ガラケーと呼ばれる携帯電話も含まれます。

また2015年5月以降に発売された機種の場合、購入日から181日以上経たないとSIMロック解除ができないルールがあります。この機種はiPhoneを中心としたiphone6、iPhone6s、iPhoneSE、iPhone7、iPadなどが含まれます。 またAndroid端末でも2015年5月以降に発売されているものは購入してすぐにロック解除ができないので注意しましょう。

ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える手順

  1. MNP予約番号の取得とSIMロック解除の手続き
  2. 取得後、格安SIMの申し込み手続きを行う
  3. 自宅にSIMカードが届いたら回線切り替えの手続きを行う

の手順で行います。MNP予約番号を取得すると同時に、SIMロック解除の手続きを済ませておきましょう。 SIMロック解除をしたら電波がきれるの?など、どうなるのか不安な方もいらっしゃるとは思いますがSIMロック解除をしても電波が切れて使えなくなるということはないので安心です。

MNP予約番号を取得しても、転出をしなければMNP転出料はかからないため、MNP予約番号の有効期限が切れてしまった場合も再度無料で予約番号の発行が可能です。MNP転出が完了した場合、MNP転出料として3,000円かかりますのでご注意ください。 格安SIM会社を決めて、申し込みが完了したらSIMカードが2日~3日でご自宅に届きます。その際、申し込みをしたからと言って携帯を解約しないようにしましょう。 ソフトバンクに対して解約手続きをする必要はなく、格安SIMの回線切り替えを行うと、自動的に回線が切り替わり解約が完了します。

あとはAPN設定などの設定を行えば格安スマホを使用することができます。

まとめ

ブランド力の高いソフトバンクですが、格安SIMを使って月々の使用料金を抑えることが可能です。 特に今回紹介した3社は、使用する人のニーズに合わせたプランが豊富に用意されています。 さっそく格安SIMを使って、ソフトバンクのスマホをお得に使いこなしましょう。

関連記事

ドコモ系の格安SIMが知りたい!iPhoneも使えるおすすめ3社とMNP方法

「ドコモ系の格安SIMはどこがいいんだろう...…

au系格安SIMはどこがいい?mineoとUQモバイルの料金・通信速度を解説

目次はじめに au系格安SIMって何?その疑問にお答えします!docomo系格安SIMとau系格安SIM格安SIMで使いたいスマホに合わせて会社を選択しようau系格安SIMの代表格といえばmineo! ...