更新日:2017/08/30

格安SIMはデビットカードもOK!注意点と支払い可のMVNO2社を紹介

はじめに

毎月の携帯料金を低価格に抑えられると話題の格安SIM。

大手キャリアと比較すると2,000円~3,000円以上安くなることもあり、なかには月額1,000円以内で契約できるプランを用意している会社もあります。 そんなお得な格安SIMですが、実はデビットカードでの支払いができることはご存知でしょうか。

今回は、格安SIMの料金をデビットカードで支払う方法やそのメリットについて、ご紹介します。

格安SIMの料金をデビットカード支払いするときのメリットと注意点

格安SIMを提供している会社はいろいろありますが、その多くが支払い方法をクレジットカードに指定しています。

クレジットカードは所有するために審査を通らねばならず、カードを持っていることがすなわちその人に支払い能力があることを示してくれます。 格安SIMはネット上で契約手続きをすべて終えることがほとんどなので、契約者をクレジットカード所有者に限定することで料金滞納などのリスクを回避しているのでしょう。

しかし、なかには楽天モバイルのようにデビットカードでの支払いを受け入れている会社もあります。 デビットカードで支払うことには、どんなメリットがあるのでしょうか。

楽天モバイル

未成年やクレジットカードを持てない人でも格安SIMで契約できる

デビットカードとは、事前に指定した銀行口座にお金を入れておき、カードを使うとその口座から現金が引き落とされるカードです。 クレジットカードと違って申し込み時の審査はなく、銀行口座さえあれば未成年でも申し込むことが可能です。

そのため、デビットカード対応の会社を選べばクレジットカードを持てない人でも格安SIMに申し込むことができます

たとえば楽天モバイルでは、口座振替、クレジットカード払い、そしてデビットカード払いの3つの支払い方法を契約者に提案しています。 口座振替の場合は手数料がかかりますが、クレジット・デビットカードの場合はかかりません。

楽天銀行のカードを持てば、支払いのたびに楽天スーパーポイントも貯まるのでお得です。 口座の管理はウェブ上で行うことができ、支払日に残高があれば自動的に銀行引き落としとなるので、面倒な手続きが不要な便利な支払い方法といえます。

デビットカード使用可と明記されているわけではない

ほかにもデビットカードに対応している会社もあるようですが、「月額料金の支払いにデビットカードが利用できる」と明示している会社は楽天モバイルのみです。

ほかの会社の場合、申し込みの際のクレジットカード番号入力欄にデビットカードの番号を入れてみると申し込みが通る可能性もありますが、通らないこともあります。

ネット上にはいろいろな情報がありどれを信じるべきか迷ってしまう人もいるでしょうが、絶対にデビットカードを使いたいのなら楽天モバイルを選ぶべきといえます。

ただし、引き落とし日に口座にお金がなければ楽天モバイルでもデビットカードの利用はできません。 口座残高は常にチェックしておき、しっかり銀行引き落としがされるようにしておきましょう。

楽天モバイル

格安simの料金をデビットカードで支払うなら全プラン対応の楽天モバイル

楽天モバイルは、月額料金はもちろん、通話料やオプション料金、契約にかかる費用もすべてデビットカードで支払うことができます。

端末の分割払いの支払いには応じていませんが、毎月の支払いのたびにポイントが貯まるのはうれしいですよね。

楽天モバイルでデビットカード支払いするときのメリット

デビットカードがあれば、クレジットカードを持てない人でも格安SIMに申し込めて非常に便利です。

特に楽天モバイルは楽天銀行のカードなら支払いのたびに楽天ポイントが貯まるので、おとく感があります。 貯めたポイントは買い物に使うこともできますし、料金の支払いに利用することも可能です。 口座振替の場合にはポイントで支払うことができませんし、それどころか支払いのたびに手数料がかかります。

またカードは携帯料金の支払いだけでなく普段の買い物にも使えますし、新規で口座を開けば6ヶ月間月5回までATMの手数料はかかりません。 このようにデビットカードにはいろいろとメリットがありますので、持っていて損はないのではないでしょうか。

次は、具体的な楽天モバイルの料金プランを見てみましょう。

楽天モバイルの料金プラン

楽天モバイルの料金プランはベーシック、3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GB、と利用する通信量によって6つに分けられています。 インターネットはあまりやらない、という人ならベーシック、動画やネットサーフィンを楽しみたい人なら30GB、とニーズに合わせて契約できるようになっています。

さらに、電話を利用するかどうかによっても料金は変わってきます。 たとえば5GBプランの場合、音声通話ありの場合は2150円ですが、インターネット回線のみの契約なら1450円です。 年会費などはありませんので、自分の使い方を考えてみて、適切なプランを選べばお得にスマホを利用できるはずです。

また通常のプランに加え、端末代込みの「コミコミプラン」もお得で便利なプランです。 通常の料金プランの場合、料金の中に端末の購入代金は含まれていないため、別途払う必要があります。 デビットカードの場合は端末の購入は一括払いのみですが、コミコミプランなら端末代も含めて申し込めます

デビットカードを賢く使いたいなら、SIMパッケージプランがおすすめです。

楽天モバイル

楽天モバイルでデビット支払いするときに気を付けるべきたった一つのこと

楽天モバイルで使えるデビットカード「楽天銀行デビットカード」「するが銀行デビットカード」の2種類です。 楽天銀行のデビットカードの場合、申し込めるカードブランドは楽天JCB楽天Visaの2種類です。 どちらも加盟店の多いカードですから、日常生活でも役に立つ場面は多くあるでしょう

ただし、口座にお金が入っていないと引き落としができないので利用の際には注意が必要です。 それはSIM契約においても同じですので、引き落とし日の近くになったら口座残高はチェックしておくようにしましょう。

楽天モバイルは支払い方法に口座振替、クレジットカードだけでなくデビットカードも使える便利な会社です。 ポイント加算などいろいろなメリットがありますので、申し込みの際には検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

クレカなくても格安SIM!口座振替で料金支払い可能な3社とその方法2つ

目次はじめにクレカがなくても契約可能!口座振替ができる格安sim一覧楽天モバイルなら口座振替でも楽天スーパーポイントが毎月たまる動画見放題なBIGLOBEでも口座振替可能!大手キャリア回線から乗り換え ...

格安SIMでもlineは使える?引き継ぎ方法とたった1つの注意点とは

目次はじめに格安SIMでLINEを使うにはSMS付きプランがオススメ格安SIMでSMSが付いていない場合のLINEの使い方格安SIMのLINEで年齢認証はできない格安SIMを使ってLINE通話ができる ...

格安SIMはテザリングできないの?確認ポイントは機種と速度の2つだけ

目次はじめに格安SIMに乗り換えてもテザリングはできる格安SIMでお得にテザリング 会社・プラン・機種によってはテザリングできないケースもテザリング先の通信速度に注意 格安SIMでテザリング可能な端末 ...

使い放題プランのある格安SIM会社はどこ?人気のおすすめ2社紹介

目次はじめに使い放題プランとはまずは格安SIMの使い放題のメリット&デメリットを知ろう!低速とは一体何?高速・低速をコントロールできるMVNO格安SIMの使い放題がおすすめのユーザーとは?動画重視でス ...

実は嘘!格安SIMのデメリット7つ!騙されずに選ぶ基準はどう使うか!

目次格安SIMのデメリットと言われる代表的なもの速度が遅くなる時間帯がある通話定額や家族間通話無料が限られているクレジットカード支払いがほとんどLINEのID検索ができない店頭サポートが少ないキャリア ...