更新日:2017/08/24

格安SIMでも同じ電話番号を使うには?乗り換え前に確認すべき条件2つ

はじめに

スマホを他社に乗り換える際、気になるポイントのひとつが電話番号の変更有無です。 近年話題の格安SIMを提供するMVNOへ乗り換える際にも、電話番号の引き継ぎが可能かどうかで選択をするケースも多く、電話番号の引き継ぎは大きなポイントになっています。 電話番号を引き継ぎ可能な格安SIMと、詳細情報をチェックしていきましょう!

電話番号を変えずにSIMフリースマホを利用する方法

MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を知る!

契約会社を乗り換える場合、電話番号をそのまま引き継ぐシステムのことを、MOBILE NUMBER PORTABILITY(モバイルナンバーポータビリティ)と言い、通称MNP(エムエヌピー)と呼ばれています。 080や090から始まる番号はもちろん、070の電話番号もMNPすることが可能です。

MNPを利用するために必要な条件

格安SIMでMNPを利用するためには、音声通話機能に対応したSIMプランを持っていることMNPに対応可能な格安SIMであることの、2つの条件を満たすことが必須条件です。

格安SIMの大半がMNP可能に!

2017年上半期で、格安SIMの事業者は約600件以上と言われています。 その内MNPに対応する格安SIMは過半数を占めており、格安SIMの中でも大手と呼ばれる事業者はほぼMNPに対応可能です。 格安SIMによっては、MNPを行うための細かなルールがあるため、その点をしっかりと理解しておく必要があります。

格安SIMで新しい電話番号を取得するメリットも!

契約後すぐに電話が利用できる!

格安SIMの多くが店舗を設けず、ネット上で契約手続きを進めるシステムを採用しており、そこで人件費などのコストカットをし、低価格でスマホを利用できる仕組みになっています。 ネット上で契約を行うと、乗り換え期間中スマホが通信できない状態、通称「空白の期間」ができてしまうのが気になるポイントのひとつです。 格安SIMによっては、数時間の場合もあれば、数日通信できなくなる場合もあります。 しかし、新規に格安SIMで契約してしまえば、即使用可能なのでその心配はいりません。 電話番号を引き継ぐよりも、スマホをすぐに利用可能状態にしたい人にとっては、メリットのひとつと言えます。

MNPが可能な「楽天モバイル」の魅力&注意点

楽天ポイントが貯まるサービスや、豊富なSIMフリー端末のセット販売などを行う「楽天モバイル」は、格安SIMの中でも人気の高い会社です。 そんな楽天モバイルでは、もちろんMNPは可能!さらに楽天モバイルでは、「空白の時間」がカットできるシステムも採用しています。 注意したいのは、MNPの予約番号が10日以上有効である場合に限る点と、申込時に「楽天モバイル開通受付センターに電話」の項目にチェックを記入する点。 さらに、開通作業時に必要な電話連絡も、受付時間によって切り替え実施時間が変わる点があります。 このような場合に注意すれば、「空白の時間」なしでMNP手続きが完了し、即利用可能になるのです。

楽天モバイル

MNPが可能な「UQ mobile」の魅力&注意点

「UQ mobile」はau系格安SIMとして、高い通信品質と、シンプルな通信プランを提供する格安SIMです。 SIMフリー端末も国内外のメーカーが揃っており、格安SIMとのセット購入が人気を集めています。さらに格安SIMでは珍しいiPhoneのセット購入ができるのも魅力のひとつです。 そんなUQ mobileでは、もちろんMNPが可能さらに「空白の時間」を無くす手動切り替えシステムが利用できるため、スムーズに移行できる点も魅力です。 MNPを手動で切り替える際に必要な、回線切り替えの手続きが、9:30~20:30までと受付時間が決まっているため、注意が必要になります。 「UQ mobile」は家電量販店などに店舗を持つ場合が多いため、MNP初心者の場合や、機械操作に自信のない場合は、店頭でのMNP転入を行うことがおすすめです。

UQモバイル

MNPが可能な「DMM mobile」の魅力&注意点

高速通信の安定性や、通信速度の切り替え機能など、「DMM mobile」は通信性能に魅力を持つ格安SIMです。 また、幅広いニーズに対応するために設けられた、格安SIM最多の14種類のプラン設定を有しています。 そんな「DMM mobile」でも、一部キャリアを除いてMNPは可能です。 MNPが不可能なキャリアは、「hi-ho LTE」、「IIJmio」、「株式会社スターズメディア」、「株式会社セールスパートナー」、「株式会社愛媛CATV」の5社になっています。 また、「DMM mobile」ではMNP転入は1人1台に限る制限や、家族でまとめてのMNP転入ができないといった、制限が設けられており注意が必要です。

DMMmobile

MNP予約番号の取得方法も知っておくと便利!

各キャリアでMNP予約番号を取得する際のポイント

MNPに必要な予約番号は、各キャリアの店頭または電話で、無料で取得することができます。 取得する際に必要になるのが、使用中の電話番号契約時に登録した暗証番号身分証明書です。 店頭で手続きする場合と、電話で手続きする場合とで、多少準備するものが変わってきます。 また、MNP予約番号はどのキャリアで取得しても、15日間の有効期限が設定されており、期間内に使用できなければその予約番号は無効になってしまう仕組みです。 無効になった場合、新たに再発行の手続きが必要で、再発行であっても無料で手続きは可能になっています。

電話番号を変えずに、格安SIMへ移行する作業は実は簡単!

電話番号を新たなキャリアに移行する、MNPは実はとても簡単な作業です!新しく契約する格安SIMを決めたら、そのキャリアのMNP注意事項をチェックして、早速MNPの準備を始めましょう。 番号を変えることなく、格安でスマホを利用でき、快適な通信環境が整います。

関連記事

【2018年】格安simを徹底比較!今月中に乗り換えないと損する3つの理由

「2017年1番人気の格安SIMってどこだろう」

【2018春】人気の格安SIMはどこ?最新版ランキングと主要おすすめ6社

「みんなが選んでいる格安SIMってどこだろう?」「…

【2017年版】格安SIM6社の通信速度を比較してみたらキャリアより速…

「格安SIMって安いから速度が心配…。実際、大手キャ…

格安SIM音声通話徹底比較|かけ放題プラン付の格安SIMが月々2000円

「格安SIMの中で1番音声通話がお得なのはどれ?」

手持ちのiPhoneは格安SIMで使える?乗り換えにおすすめ6社

【iPhoneでの乗り換え人気ランキング!ベスト3】