更新日:2017/08/23

格安simでSMSって必要?付けておくべき3つの理由と各社の料金を比較

はじめに

コストを抑えてスマホを利用できる格安SIMですが、格安SIMを提供するMVNOの用意するプランには、大きく分け3タイプあります。 そのひとつがSMS付きのプランです。

SMSとはどんな機能で、どんな利点があるのでしょうか?SMSを詳しく知って、格安SIMを安心・安全に利用しましょう!

SMSの解説&格安SIMのSMS事情

SMSはこんな時に必要!

そもそもSMSとは、ショートメッセージサービスの略称で、電話番号のみでメールを送受信できるサービスのことです。 メールアドレスがわからない相手と、メールで情報共有をしたい時などには、便利に活用できます。

また、さまざまな機能の初期登録時にも、SMSを利用するシーンがあり、たとえばLINEアプリの登録時には、本人確認を行うためにSMSを活用。 より登録作業がスムーズに、安全に行える機能です。

格安SIMでもSMSの利用は可能!

格安SIMが浸透し、大勢の人がよりコストを抑えてスマホを利用する時代になってきています。 そんな格安SIMにも、SMS付きのプランは各MVNOでも用意され、価格設定も低価格なもので豊富です。

各MVNOが用意する、データ専用プランと、SMS付きデータプランを比較すると、平均で約170円SMS付きプランが高くなります。 格安SIMに切り替える際に、SMS機能付きのプランにするとどんなメリットがあるのか、自身のスマホ利用にコストを上げてまで必要な機能なのかを確認し選択することがポイントです。 格安スマホを検討する際はぜひ、SMSが使える格安SIMを比較してみましょう。

また、音声通話付きSIMプランには、どのMVNOもSMSが付属されています。

格安SIMでSMS付きプランにするメリット

安心・安全!セキュリティ対策にもなるSMS

SMS機能を付けるメリットは、やはりショートメッセージの利用ができる点にあります。 電話番号しか知らない相手は、実は多いものです。 そんな時に、SMSがあれば連絡ツールも幅が広がり、安心して利用できます。

また、LINEなどの初期設定で、SMSを活用する方法は安全対策ともいえるのです。 LINEは、初期登録にSMSまたは、SNSのIDでの登録が可能。

しかし、SNSのID登録では、なりすましや犯罪利用などでの悪用が懸念されます。 その点、SMSは安全性が高く、セキュリティ対策となるのです。

「アンテナピクト問題」の解決策にも!

格安SIMを利用する上で、SMS機能の付いていないSIMを使うと、通信可能な状態であるにも関わらず、圏外という表示を出すことがあります。 この不具合が「アンテナピクト問題」です。

アンテナピクト問題は、さらにバッテリーの消耗にも繋がり、使い勝手を悪くしてしまうデメリットも。 そういった点でも、SMS機能付きを選択することは、使用環境をスムーズにすることに繋がります。

GPS利用にも有効なSMS!

地図アプリや、SNSなどにも活用の幅を広げるGPS機能。 この機能にも、SMSがあるかないかで支障をきたす場合があります。 GPS機能は、携帯電話の基地局と呼ばれる場所にデータを送受信し、現在地の特定を行う機能です。 この送受信は、SMSの力によって行っています。

SMS機能が無い場合、位置情報がすぐには特定できず、GPS機能を使うのに数分の時間が必要となるのです。

プラン比較!SNSユーザーに嬉しい「LINEモバイル」

LINEやインスタグラムなどの人気のSNS機能を使っても、データ容量をカウントしないカウントフリーサービスなどで注目を集めるLINEモバイル。 プランタイプは3種類で、安価なLINEフリープランでは、SMS付きデータSIMが1GB月額620円で利用可能です。

カウントフリー機能が利用可能な、コミュニケーションフリープランでは、3GB~10GBまでの4つの設定が設けられ、3GBのSMS付きSIMが月額1,110円で利用できます。

また、LINE MUSICもデータ消費されないMUSIC+プランでは、3GBで月額1,810円から利用でき、SNSユーザーには人気のプランです。

LINEMOBILE

プラン比較!au・docomoから移行が便利な「mineo」

シンプルなプラン設定が魅力のmineoでは、一部を除きSMSはオプション機能として考えられています。

mineoのプラン設定は、au系のAプランとdocomo系のDプランの中に、データSIMのシングルタイプと音声付きSIMのデュアルタイプが用意される設定内容です。 A・Dプラン共にシングルプランで500MB月額700円から用意され、最大でもシングルプラン10GB月額2,520円で契約可能。

申込時に、SMSオプションを申し込めば、どのタイプもSMS機能が付属されます。 注意しておきたいのは、Dプランのシングルタイプのみ、SMSは月額120円の有料オプションになる点です。

また、端末によってはSMSが機能しないものもあるので、事前の確認が必要になります。

mineo

プラン比較!SMSプラン豊富な「楽天モバイル」

楽天モバイルでは、「050データSIM」という名前のSMS付きプランが6タイプあります。 ベーシックプランは、月額645円からで、最大200kbpsでの利用が可能です。

また、データ容量の大きな20GBプラン月額4,170円や、30GBプラン月額5,520円なども用意され、選択肢の多いことが特徴になります。

また、楽天モバイルでは、楽天ポイントの貯まるサービスや、サポート体制、豊富なオプションといったさまざまなサービスにもポイントの高いMVNOです。

楽天モバイル

より快適に利用できるSMS付きのプラン

データ専用SIMに比べややコストはかかるものの、アプリの登録などでより安全な環境にするために一役買ってくれるSMSは、格安SIM初心者には特に強い味方です。

SMSを安い価格で追加することも可能なので、格安SIMを利用しながらSMSを検討するのも、選択肢のひとつになります。

関連記事

【2018年】格安simを徹底比較!今月中に乗り換えないと損する3つの理由

「2017年1番人気の格安SIMってどこだろう」

【2018春】人気の格安SIMはどこ?最新版ランキングと主要おすすめ6社

「みんなが選んでいる格安SIMってどこだろう?」「…

【2017年版】格安SIM6社の通信速度を比較してみたらキャリアより速…

「格安SIMって安いから速度が心配…。実際、大手キャ…

格安SIM音声通話徹底比較|かけ放題プラン付の格安SIMが月々2000円

「格安SIMの中で1番音声通話がお得なのはどれ?」

手持ちのiPhoneは格安SIMで使える?乗り換えにおすすめ6社

【iPhoneでの乗り換え人気ランキング!ベスト3】