更新日:2017/10/28

格安SIM音声通話徹底比較|かけ放題プラン付の格安SIMが月々2000円

「格安SIMの中で1番音声通話がお得なのはどれ?」
「格安SIMには大手キャリアのようなかけ放題プランがあるの?」

音声通話プランの料金もお得で、かけ放題プランがある楽天モバイル」が 最も失敗のない格安SIMです。

格安SIMで音声通話を重視するときは「データ通信料金」×「かけ放題」の組み合わせ料金で確認しましょう。

この記事では各キャリアの通話SIMのデータ通信料金と合わせて、かけ放題プランを比較紹介していきます。

ポイント
  • 格安SIMにはかけ放題のセットプランがないため、通話を重視する場合は「かけ放題プラン」を付ける必要がある。
  • 通話SIMの「データ通信料金」×「かけ放題」の組み合わせ料金が格安SIMを選ぶ際の基準になる
  • 音声通話の中で1番安くて、かけ放題もあるのは楽天モバイルだけ

格安SIMの音声通話を比較する際に確実に見るべき2つのポイント

格安SIMの音声通話を比較する際に特に重要なのは次の2つです。

  • 音声通話料金プラン
  • かけ放題プラン

そもそもの料金プランが高いと格安SIMである必要性がなくなるので、まず音声通話料金プランから見ていきましょう。

格安SIMの音声通話プラン比較!格安SIM5社の料金ランキング

各キャリアの音声通話プラン料金ランキング

3Gプラン 5Gプラン 10Gプラン 20Gプラン
DMMモバイル 1,500円 1,910円 2,890円 4,680円
LINEモバイル 1,690円 2,220円 3,220円 -
楽天モバイル 1,600円 (3.1G) 2,150円 2,960円 4,750円
mineo aプラン 1,510円 2,190円 (6G) 3,130円 4,590円
BIGLOBE SIM 1,600円 2,150円 (6G) 3,400円(12G) 5,200円

オンラインゲーム「艦隊これくしょん」等でお馴染みの格安SIM、「DMMモバイル」が音声通話付きプランで1位に輝きました。

日常生活で通話以外に携帯電話を利用しない方通話専用に2台目をお探しの方にはかなりおすすめの格安SIMです。

では次に重要となる、上記5社の「かけ放題プラン」について比較紹介していきます。

格安SIMの音声通話を比較するなら決め手は「かけ放題プラン」

上記でご紹介したプラン料金の安い上位5社の「音声通話かけ放題プラン」についてご紹介します。

音声通話プラン料金+かけ放題を選択した方が月々の料金がお得になることが多いので、ご自身に合ったプランを探してみましょう。

DMMモバイルのかけ放題プラン

最安にこだわりを持つMVNO「DMMモバイル」は、安さ・速度共にバランスのとれた格安SIMです。

そんなDMMモバイルの音声通話料金プランを見ていきましょう。

通信容量 音声通話プラン料金
ベーシックプラン 1,140円
3Gプラン 1,500円
5Gプラン 1,910円
10Gプラン 2,890円
20Gプラン 4,680円

上記に加えて、DMMモバイルは「10分間かけ放題プラン」を月額850円で利用することができます。

10以内の国内通話を何度でもすることが可能となっています。さらに10分を超えた場合の通話料も通常料金の半額、1分20円で利用することができます。

DMMモバイルはベーシックプラン+かけ放題プランで最安1,990円/月での利用が可能となっています。
DMMmobile

LINEモバイルのかけ放題プラン

人気スマホアプリLINEが手掛けるMVNO「LINEモバイル」では、人気SNSが通信容量に関係なく利用できる、オリジナルサービスが魅力です。

そんなLINEモバイルの音声通話料金プランは下記の通りとなっています。

通信容量 音声通話プラン料金
ベーシックプラン 1,200円
3Gプラン 1,690円
5Gプラン 2,220円
7Gプラン 2,880円

上記に加えてLINEモバイルは10分間かけ放題プランを月額880円で利用可能です。

LINEモバイルはベーシックプラン+かけ放題プランで最安2,080円/月での利用が可能となっています
LINEMOBILE

楽天モバイルのかけ放題プラン

利用ユーザーの多さや、知名度の高さでも人気を示す「楽天モバイル」。次々と新しいプランが登場する楽天モバイルの音声通話基本料金は以下のようになっています。

通信容量 音声通話プラン料金
ベーシックプラン 1,250円
3.1Gプラン 1,600円
5Gプラン 2,150円
10Gプラン 2,960円
20Gプラン 4,750円

楽天モバイルには下記2つのかけ放題プランが存在します。

かけ放題プラン 月額料金
無制限かけ放題プラン 2,380円
5分かけ放題プラン 850円

1回の通話が長い方向けの「無制限かけ放題」プランも用意されており、時間を気にすることなく音声通話を利用することができます。

5分かけ放題を選択した場合でも、時間内なら何度でも音声通話可能となっており、時間を経過した場合には20円/分の料金が発生します。

楽天モバイルはベーシックプラン+5分かけ放題プランで最安2,100円/月での利用が可能となっています。
楽天モバイル

mineoのかけ放題プラン

ドコモとau,2つの回線を利用しているmineoは料金プランを「aプラン」と「dプラン」から選ぶことができます。今回は音声通話料金プランの安い「aプラン」をご紹介します。

通信容量 音声通話プラン料金
500MBプラン 1,310円
3Gプラン 1,510円
6Gプラン 2,190円
10Gプラン 3,130円
20Gプラン 4,590円

mineoのかけ放題プランは2種類存在します。幅広い選択肢でご自身の利用頻度に合わせて選択可能となっています。

かけ放題プラン 月額料金
通話定額30 840円
通話定額60 1,680円
10分かけ放題 850円

mineoは通話時間に応じた「通話定額サービス」と10以内の通話を利用し放題のかけ「かけ放題プラン」の2種類が存在します。

今回ご紹介する5社の中でmineoは1番コスパの良いかけ放題プランとなっており、かけ放題プランの安さ、時間を1番に考えている方にはmineoが1番おすすめです。

mineoは500MBプランと10分かけ放題プランで1,960円/月での利用が可能となっています

BIGLOBE SIMのかけ放題プラン

次にBIGLOBE SIMの音声通話プラン料金を詳しくご紹介します。

通信容量 音声通話プラン料金
ベーシックプラン 1,400円
3Gプラン 1,600円
6Gプラン 2,150円
12Gプラン 3,400円
20Gプラン 5,200円

BIGLOBE SIMのかけ放題プランは2種類存在します。他の格安SIMとは変わっているものも存在するのでそれぞれ見ていきましょう。

かけ放題プラン 月額料金
通話パック60 650円
3分かけ放題 650円

「通話パック60」は最大60分の国内通話料を月額650円で利用できるオプションとなっています。

ユーザーの音声通話利用状況に合わせてプランを選択可能で、月に33分以上国内通話を利用する場合は通話パック60をオプションとして付けた方がお得になります。

BIGLOBE SIMはベーシックプラン+かけ放題プランで2,050円/月での利用が可能となっています。
BIGLOBESIM

音声通話料金と通信容量の両方で妥協したくない方は楽天モバイル

通信データ容量も音声通話料金も妥協したくない...という方は楽天モバイルを選ぶことが最も無難です。

【楽天モバイル】データ容量を使い切っても低速にならない唯一の格安SIM

楽天スーパーホーダイは通信速度最大1Mbps使い放題と国内通話5分かけ放題がセットになっており、1年目の料金が楽天会員割適用で月額1,980円〜で利用できます。

では通信速度最大1Mbpsがどれだけ凄いのかをこれからご紹介していきます。

楽天モバイルのスーパーホーダイプラン

プラン名 プランS プランM プランL
月額基本料 1,980円 2,980円 4,980円
データ通信 2G 6G 14G
通話 5分かけ放題

「スーパーホーダイ」プランの一番の強みは【データ容量を使い切っても通信速度が最大1Mbpsまで使えること】です!

通常、データ容量を使い切り、速度制限になると最大でも200kbpsほどしか出ません。 もちろんこれは他社も同じですし、大手キャリアも同じでしょう。

1Mbpsは200kbpsの5倍、つまり楽天スーパーホーダイは速度制限がきても、大手キャリアの速度制限時の5倍の通信速度で利用できます

楽天会員の方なら「スーパーホーダイ」のプランを1,000円割引で利用できますので、「スーパーホーダイ」プランに乗り換えてよりお得に格安SIMを利用しましょう。

楽天モバイルなら電話番号そのままで乗り換えできる(MNP)

楽天モバイルならMNPの転入も可能です。

《キャリアから楽天モバイルへ|MNP申し込み手順》

  1. キャリアのMNP予約番号を取得
  2. 楽天モバイルのサイトへアクセス
  3. 端末・SIMの種類を選ぶ
  4. プラン・オプションを選ぶ
  5. 必要情報を入力(ここで申し込み手続きは完了)
    ※この時点でMNP予約番号の有効期限が10日以上必要
  6. 楽天モバイルからSIMカードが送付される
  7. 楽天モバイル開通受付センターへ電話する
  8. 初期設定をして利用開始

楽天モバイルへ申し込み際に必要になる書類がいくつかあります。 事前に準備しておきましょう。

以下は楽天モバイルへ申し込む際の必要なものリストになります。

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ログイン用のユーザIDとパスワード
  • MNP予約番号

通話SIMとSMSつきのデータSIM(050SIM)の申し込みには本人確認書類が必要です。

MNPで楽天モバイルへ申し込む

まとめ

格安SIMの音声通話についてご紹介してきました。音声通話を基準に選ぶとしても、音声通話をどれくらい利用するのか、普段のデータ通信はどれくらい利用するのか…など、他にも考える要素が増えてしまいます。

多くの情報を知ったうえで、どの格安SIMがご自身にとって1番ベストなのか選んでくださいね

格安SIMの音声通話まとめ

  • かけ放題プランを付けない場合はどの格安SIMでも20円/30秒の通話料金がかかる
  • 通信データ速度、容量を気にしない場合はmineoがとにかく安い。10分かけ放題付1,960円/月で利用できる
  • 通信データ速度も妥協したくないなら楽天モバイルスーパーホーダイプランが1番お得。
  • スーパーホーダイなら速度制限時でも他社スマホの5倍の通信速度で使うことができる

関連記事

【2018年】格安simを徹底比較!今月中に乗り換えないと損する3つの理由

「2017年1番人気の格安SIMってどこだろう」

【2018春】人気の格安SIMはどこ?最新版ランキングと主要おすすめ6社

「みんなが選んでいる格安SIMってどこだろう?」「…

【2017年版】格安SIM6社の通信速度を比較してみたらキャリアより速…

「格安SIMって安いから速度が心配…。実際、大手キャ…

手持ちのiPhoneは格安SIMで使える?乗り換えにおすすめ6社

【iPhoneでの乗り換え人気ランキング!ベスト3】

格安simの通信速度ってやっぱり遅いの?後悔しないための選び方3つ

目次格安SIMを通信速度で選ぶなら使う時間帯にも注目時間帯ごとで速いおすすめ格安SIMの料金プラントータルで通信速度が安定しているのはUQモバイル格安SIM通信速度を各社比較!2017ランキング時間帯 ...