更新日:2017/07/10

楽天モバイルの解約はタイミング次第で損をする!注意するべきこと2つ

はじめに

せっかく契約した格安SIM携帯も、あらゆる事情で解約しなければならないときもありますよね。

けれど何も知らずに解約手続きをしてしまうと、思わぬ損をしてしまうことがあります。 今回は楽天モバイルの解約の詳細と注意点をご紹介します。

楽天モバイルの解約時にかかる手数料について

通話SIMの場合

通話SIMを契約している場合、原則として最低12か月の利用が必要です。 それに満たないうちに解約をすると、違約金の支払いが発生するので注意しましょう。

また、コミコミプランなど特別なキャンペーンを利用して契約した場合は、最低の利用期間が24か月となっているケースもあります。

ただし大手キャリアと異なる点は、最低利用期間を経過すれば、その後は好きなときに解約しても、違約金はかかりません。 2年ごとにおとずれる更新月以外は違約金が発生するなどの縛りがないところが特徴です。

データSIMの場合

データSIMの場合は、通常はいつ解約しても違約金は発生しません。 しかし、こちらもキャンペーンを利用して契約した場合は、最低6か月の利用期間が設けられている場合もあります。

短期でどうしても解約の必要がある場合は、解約前に契約時の状況を確認しておく必要があります。

楽天モバイルの解約のタイミングについて

楽天モバイルの解約は、解約したい月の15日までに忘れずに行いましょう。 15日までに手続きが完了すれば、その月の末日で解約となります。 手続きが16日以降になった場合、翌月の末日が解約日です。

そのため、ひと月分、余分に料金を支払うことになってしまいます。 契約自体は解約せずに、オプションやサービスのみ解約する場合は、25日までに手続きを行えば、その月の末日が解約日です。 SIMの申し込み手続きをインターネットで行った後、届いたSIMカードを受け取りそびれた場合でも自動で解約にはなりません。

楽天モバイルは月々の使用料がかなり安いので、違約金がかかる場合は最低利用期間が終わるまで利用料を支払っていた方が、結果的に安い場合もあります。 解約のベストタイミングは、契約内容と利用期間を総合して判断しましょう。

楽天モバイルの解約方法について

通話SIMの場合

通話SIMを契約している場合は、解約は電話での受付のみとなります。 カスタマーセンターへ電話連絡をして手続きを行ってください。

楽天モバイルは実店舗を設けていますが、店舗でも手続きができません。 そのため、15日付近は電話が混雑していることもあります。 ただし、通話料は無料です。

データSIMの場合

データSIMの場合は、インターネット上で解約の手続きをすることが可能です。 会員専用ページのメンバーズステーションにログインして、解約申請の項目を選択します。 この場合も、その月の末日で解約するには15日までの手続きが必要です。

楽天モバイルのMNPについて

楽天モバイルでは、MNP転出の手続きをして、他社で電話番号をそのまま利用することができます。

MNPをする場合は、他社で転入の手続きが完了した日で楽天モバイルのサービスが終了です。 解約時の日割りはなく、サービスが終了した月は1か月分の利用料を支払わなくてはなりません。

手数料は3,000円で、もし他社で転入の手続きを取らなかった場合は解約とならず、手数料もかかりません。 MNPはインターネットで会員専用ページから手続きが可能です。

そして、楽天モバイルでは解約をした際にSIMカードを返送する必要があります。 これはMNPでの解約の場合でも同様です。 返送にかかる費用は契約者負担で、解約後は速やかに返却しなければなりません。

楽天モバイルの解約の手順について

解約時には、SIMカードが付いていた台紙に記載されている番号が必要となる場合があります。 もしくは、契約中の電話番号が必要です。 あらかじめ、紙に書き出しておきましょう。

カスタマーセンターに電話をして解約したい旨を伝えると、契約者の名前や住所など本人確認が行われます。

次に、最終的にいつまで利用料金がかかるのかの案内。

最後に、SIMカードの返却先を確認したら手続きは完了です。 電話さえつながれば、10分以内に手続きを終えることができます。

解約の前に契約内容を見直してみよう

解約が頭をよぎったら、契約内容を見直してみましょう。 楽天モバイルはプランが豊富なので、もしデータ通信量が毎月余っているのであれば、もう一段階少ないGBのものに変更すれば、月々の使用料はさらに抑えられます。

楽天モバイルなら、専用アプリを使えば、今利用しているデータ通信量をすぐに確認することも可能。

アプリで確認しながら適宜、高速通信をオフにすることで、さらに通信量を節約することもできます。

また、楽天モバイルでは、楽天のポイントが貯まるのも大きなメリットです。 携帯の利用で貯めたポイントを楽天市場でショッピングに充当したり、逆にショッピングで貯めたポイントを携帯料金の支払いに充てたりすることができます。

解約はよく考えてから

格安SIM携帯は大手キャリアに比べて契約期間の縛りがゆるいことが大きなメリットです。 そのため、解約がより気軽にできるようになっています。

しかし、大手キャリアのように、店舗ですぐ解約完了というわけにもいかないので、気軽にできるといってもよく考えてから解約手続きに進みましょう。

関連記事

楽天モバイルの無制限かけ放題が知りたい!追加の判断基準と注意点2つ

楽天モバイルのかけ放題ってつけるべき…?

【2017】楽天モバイルの契約までに吟味すべきデメリット5選!

「楽天モバイルに乗り換えたいけど、何かデメリットがあるんじゃ…」

楽天モバイルの通話料は高い?料金を50%安くする2つのコツ

「楽天モバイルにしたのに請求金額が高いんだけど…

楽天モバイルはドコモ端末しかテザリングできない?機種を把握しよう

「楽天モバイルってテザリングは使えるの?」「

楽天モバイルでiPhoneは使える?対応端末から設定、セット価格を解説

「楽天モバイルでiPhoneは使えるの?」