更新日:2017/09/30

「楽天モバイルが遅い」は嘘!改善された通信速度を測ってみたが…

はじめに

ここ数年で大手キャリアの独占市場から変化を続けているスマートフォン市場。 格安というだけでなく、サービスや機能も充実してきています。

月々の出費を抑えるために格安SIMにしたいけれど、速度が遅いのでは?という疑問を払拭できていないという人のために、今回は数ある疑問の中から楽天モバイルの通信速度ついてご紹介していきましょう。

楽天モバイルの回線について

安心のdocomo回線を使用している

楽天モバイルは、大手キャリアであるdocomoの回線を利用しています。 つまり、今までドコモのスマホを使っていた人が楽天モバイルを持つと、月々の使用料金を安く抑えながらも通信速度は今までと変わらず使えるということになるのです。

日本を代表する大手キャリアである、docomoの回線は、FOMA・LTEサービスエリアがありいずれも全国どこでもつながるようになっています。

また、つながりにくいといわれている山間部や海沿いなどでも快適に使えるような取り組みが日々進められているので安心です。

時間帯によって遅くなることも?

格安SIMの特徴は、大手キャリアの回線を借りて使用しているということ。

そのためdocomo回線を使用している格安SIMは、LINE モバイルやmineoなど他にもたくさんあるのが特徴です。

ということは、一番の大元であるdocomoの回線の快適さを確保しながら他の格安SIMが共有しながら使うということになるため、時間帯によっては遅いと感じることがあります。 特に、たくさんの人が回線を使う通勤の時間帯などは速度が遅いと感じることも増えるでしょう。

大手キャリアとの通信速度比較

スマホの通信速度をはかる目安として、Mbpsという単位があります。

一般的に、高画質の動画視聴を含め快適に利用することが可能なのが10 Mbps、10Mbps未満5Mbps以上だと高画質の動画視聴以外なら快適に使用でき、5Mbps未満1Mbps以上だと動画以外なら快適に使用でき、1Mbps以下だとウェブページの閲覧にもストレスがかかるといわれています。

朝の時間帯だと、大手キャリアが20から60Mbpsと圧倒的に快適な速度を保っていますが、昼間などになると各社20Mbps以下になるなど、大手キャリアと格安スマホでの格差が少なくなっています

楽天モバイル

格安スマホの通信速度比較

朝の時間帯

スマホを使っていて最も通信速度が気になる時間帯は、朝夕などの通勤時間帯。

実際に、楽天モバイルの通信速度は他の格安スマホと比較してどのくらいの差があるのか見ていきましょう。

当サイトの実測では、朝の8時から9時までの通信速度を比較した際、楽天モバイルは下りが27.66Mbps、上りが6.18Mbpsとなっており、格安スマホの中でもかなり早いです。 一般的に3~5Mbpsくらいの速度が出れば、よっぽど重いページや動画でなければスムーズに楽しめる速度となっているため、楽天モバイルは遅いという説は払拭されるでしょう。

日中の時間帯

それでは、日中の時間帯はどうなっているのでしょうか。

お昼休みなどでスマホをよく使う12時から14時の間で調査した結果、楽天モバイルは下りが6.27Mbps、上りが21.30Mbpsとなっています。

さすがにこの時間帯は、サクサク動くということは難しいかもしれませんが、ストレスを感じやすいといわれている1Mbps以下の格安スマホが多くある時間帯と考えるとまだ快適なのかもしれません。

夕方の時間帯

それでは、夕方の時間帯はどうなっているのでしょうか。

帰りの通勤ラッシュである19時から20時の間で調査すると、楽天モバイルは下りが55.43Mbps、上りが18.61Mbpsという結果に。 この時間帯はスマホを使う人が多いのですが、問題なく早い速度を維持しています。

楽天モバイルは格安スマホの中でも速度に関して好調な数字を出しているということもあり、価格の安さとあわせてもとてもお得だといえるでしょう。

遅いと感じる通信速度を改善したい人におすすめ

アプリ上から高速低速の切り替えが可能に

楽天モバイルの特徴のひとつとしてあげられるのが、楽天モバイルアプリの存在です。 このアプリ上では、高速と低速の切り替えが可能になっています。

契約のデータ容量と残りのデータ容量がひとめでわかるグラフが表示されているため、それを確認しながらデータ通信を速くしたい場合は、スイッチを切り替えすることが可能に。

どうしても、高速データ通信が必要という場合に手動でコントロールすることができるのはとても便利な仕組みといえるでしょう。

Wi-Fiスポットを有効活用しよう

大手キャリアであるdocomoは、無料のWi-Fiスポットが充実しているという特徴があります。 こういったWi-Fiスポットを有効活用することによって、楽天モバイルの通信速度を改善することができます。

例えば、東京都心エリアだと東京メトロの駅周辺やつくばエクスプレスの駅周辺などはドコモのWi-Fiスポットとなっているので、それにつないで快適にデータ通信が可能に。 また、その他にもデニーズやタリーズなどみなさんが一度は行ったことのあるポピュラーなスポットなどでも使用することができるので、うまく活用してみましょう。

楽天モバイル

自分のライフスタイルにあった格安スマホを

格安スマホは、毎月の支払いを安く抑えられるという大きなメリットがありますが、その反面通信速度などは、時間帯によって大手キャリアと大幅に差が開くといった部分もあります。

ただし、データ通信の速度にはそこまでこだわらない、Wi-Fiを活用するという人には格安スマホがぴったりだといえるでしょう。

中でも楽天モバイルは、さまざまなオプションプランをはじめ快適なスマホライフを送ることができる格安スマホの代表なので、ぜひ今後の検討材料にいれてみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル

関連記事

楽天モバイルの無制限かけ放題が知りたい!追加の判断基準と注意点2つ

楽天モバイルのかけ放題ってつけるべき…?

【2017】楽天モバイルの契約までに吟味すべきデメリット5選!

「楽天モバイルに乗り換えたいけど、何かデメリットがあるんじゃ…」

楽天モバイルの通話料は高い?料金を50%安くする2つのコツ

「楽天モバイルにしたのに請求金額が高いんだけど…

楽天モバイルはドコモ端末しかテザリングできない?機種を把握しよう

「楽天モバイルってテザリングは使えるの?」「

楽天モバイルでiPhoneは使える?対応端末から設定、セット価格を解説

「楽天モバイルでiPhoneは使えるの?」