更新日:2017/10/26

楽天モバイルの通信速度って遅いの?実測結果と快適に使う裏技を紹介

楽天モバイルにかえても今と変わらない速度で使いたい!!けど遅くならないか心配。。。
楽天モバイルって他社と比較しても速いんだよね!?


楽天モバイルではお昼の時間帯以外は三大キャリアと変わらない速度でネットを使うことができます。
今と変わらない速度でネットが使えて料金が安くなるのは嬉しいですよね!

ここでは楽天モバイルの速度について、他社との比較や速度が遅くならないようにする裏技などを詳しく説明していきます。
ポイント
  • お昼の時間帯はSNSの画像読み込みや動画再生に時間がかかる。
  • お昼意外であれば楽天モバイルは基本的に速度は速い
  • 楽天モバイル以外の格安SIMもお昼の時間帯は遅い
  • 楽天モバイルはデータのダウンロードだけでなくアップロードも他社と比べてかなり早い
  • 通信速度を切り替えられるから高速通信量を節約できる
  • 3日で速度制限の規制が解除され快適に使用することが可能
楽天モバイル

楽天モバイルと他の格安スマホの通信速度を比較しよう

キャリア 下り 上り
楽天モバイル 13.47 8.99
DMMモバイル 12.32 4.42
mineo(Dプラン) 15.69 4.60
BIGLOBEモバイル 1.01 4.60
LINE 9.39 4.50

格安SIMは通信速度が遅いという印象を受けがちですが、楽天モバイルの通信速度は、ドコモのLTE回線を使用をしようしているため一般的に速いことが特徴です。

データ通信はお昼の時間帯が特に混雑し、データ通信速度が低下する傾向にあります。 しかし実測したところ混雑時でも上り17~20Mbps、下り8~18Mbpsで決して低速ではないでしょう。

ちなみに下り・上りとは下りがデータのダウンロード。上りがデータのアップロードになります。例でいうとTwitterを見るのが下り。投稿するのが上りです。

通信速度は遅くなったり、データ通信が不安定になったりすることもときにはありますが、改善されストレスを感じることなく、いつも通りに安心して利用できる格安SIMが楽天モバイルといえます。

他の格安SIMでデータ通信が速いMVNOは、UQ mobileとYモバイルです。 UQ mobileとYモバイルは格安SIMの中でも高速通信が特に安定していると定評がありおすすめです。 また、UQ mobileはau回線のため、回線の増強がしやすいことが関係しているようです。

楽天モバイル

高速通信のオン・オフ切り替えサービス利用で月のデータ通信量を節約

高速モードでデータ通信回線も快適

楽天モバイルには高速通信のオン・オフ切り替え機能が付いています。 高速通信をオンにすることで、最大通信速度が150Mbpsまで通信可能です。

また、高速通信をオフにすることでデータ通信量を節約することができるため、うまく節約して通信制限にかからないようにできます!

低速通信は嫌だ!速度制限になりたくない!という人にはとてもおすすめです!

YouTubeなどの動画や音楽を頻繁に視聴する人は高速モードに切り替えた方が快適にデータ通信を楽しむことができます。 オン・オフの切り替え方法は、楽天モバイルSIMアプリのスイッチひとつのみです。

他のMVNOでは高速通信のオン・オフを切り替えた後は、一定時間を経過しなければ次の作業ができないのですが、楽天モバイルではその心配はいりません。 スイッチを切り替えてもすぐ端末に反映され、連続の切り替えも可能です。 スムーズな切り替えができ、さらには、当月分や直近3日間のデータ利用状況の確認なども行えます。

低速モードを使ってデータ容量を節約!速度制限を回避する方法

高速通信をオフにすると、低速モードに切り替わります。 低速モードのメリットは、当月使用できる高速通信容量を全て消費せず、節約することができるという点。

高速通信をオフにした場合は通信速度が200kbpsまで制限されます。 GmailやLINEは速度制限をしても快適に使用することができ、FacebookやTwitter、インターネットは読み込みの際に多少、遅いと感じることも。

画像ページを表示するときに時間がかかることもありますが、特に支障がないレベルといわれています。 YouTubeなどの動画配信システムなどは、データ容量をたくさん要するため、速度制限しているとデータ通信は不可能です。

楽天モバイルでは使い過ぎによる3日間の通信規制が撤廃

楽天モバイル以外に3日間の速度制限がないおすすめ格安SIM

大手キャリア同様、格安スマホ業界でも3日間で一定のデータ通信量を消費すると通信速度が遅くなり、速度制限にかかるという制限があります。今までの楽天モバイルではデータSIM、通話SIM共に「3.1GB」「5GB」「10GB」の3種類の料金プランが適応されていましたが、2017年3月1日より、3日間速度制限が撤廃されることとなりました。 「3.1GB」では540MB、「5GB」は1GB、「10GB」は3日間で1.7GBを上回ってデータ通信を行うと通信速度が制限されていたものが、なくなります。

速度制限の廃止によって、短期間に大容量のデータ通信を利用した場合も、3日間という日数を気にすることなく、月額プランで快適にデータ通信の利用が可能です。 さらにオプションで、データ容量をチャージできるといったメニューも改定されています。

従来は追加100MBパックのみでしたが、今回より「追加500MBパック」「追加1GBパック」のGBプランの追加容量チャージも購入できることに。 追加パックの容量が大きいほどコスパが良いのもメリットのひとつです。

楽天モバイル以外に3日間の速度制限がないおすすめ格安SIM

楽天モバイル以外にも3日間の速度制限を設けていない格安SIMがあります。 例えばDMMモバイルでは、低速モードに設定したときのみ3日間の速度制限が適応されますが、高速通信モードを利用しているときは、速度制限の設定はありません。 高速モードでは自由にデータ通信を楽しむことができます。

DMMモバイルは月額料金の安さが魅力的な格安SIMと定評があるので、楽天モバイルと比較する人も多いようです。

またmineo(マイネオ)のドコモプランには高速モード・低速モード、どちらにも3日間の速度制限は設けていないため、低速モードを利用時はデータ量を消費することなく最大200kbpsの速度通信が可能です。

楽天モバイルの料金プランを解説!賢いプラン組み合わせで月額利用料金を下げよう!

通話SIM 050データSIM
(SMSあり)
データ専用SIM
(SMSなし)
通話料金
ベーシックプラン 1,250円 645円 525円 20円/30秒
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

楽天モバイルにはSIMカードの種類が3種類あり、音声通話機能が付いた「通話SIM」、データ通信と050電話番号、SMSが利用できる「050データSIM」、データ通信専用でSMSが付いていないデータSIM」の3つです。

楽天モバイルのプランの特徴として、格安SIM会社のなかでは珍しい通話し放題があることと最低利用料金が比較的安いことです!

仕事などで電話をほぼ毎日される人であれば、通話し放題があるので時間を気にすることなく通話することができます!

楽天モバイルのおすすめプランはスーパーホーダイ!

自分はどのプランを選べばいいのだろうと思うことはありますよね!

楽天モバイルでおすすめなプランとしては、5GBの料金プランがおススメです!様々なGBプランがあるものの、多くの人が5GBのプランを利用しています!

また、いちいちプランを選ぶのがめんどくさい!という方にはスーパーホーダイがおすすめです!月額基本料、データ通信、5分以内の電話かけ放題がパックになったプランです!

さらに、スーパーホーダイと端末をセットで購入する場合、最低利用期間を決めると、最低利用年数によって端末代金が最大20000円割引に!

端末を購入されない場合は支払いにも使えるポイントを20000円分プレゼントします。

キャンペーンをうまく使って、お得な格安スマホをさらに安く使いましょう!

楽天モバイル

高速通信と低速通信を切り替えて快適なデータ通信を

高速通信をオン・オフに切り替えることで、高速モード・低速モードに変更可能です。 動画を頻繁に視聴する、データ通信はあまり行わないので節約したい、など用途によってスイッチを切り替えても良いでしょう。

また楽天モバイルでは3日間速度制限が撤退され、プランに関係なく月額料金でデータ通信が自由自在に。 自分に合った方法を見つけて、楽天モバイルでデータ通信を楽しみましょう。

この記事のまとめ

  • 楽天モバイルの通信速度は格安SIM業界の中でも速いお昼の時間だけが遅い
  • 楽天モバイルはアップロードの時間は格安SIMのなかでも最速
  • 高速と低速を切り替えて通信容量を節約することが可能
  •  
  • 楽天モバイルならプランも豊富でキャンペーンをうまく使えば端末代金が無料
楽天モバイルの速度は、格安SIM業界の中でも速く安定した速度で使えるのが魅力! お昼の時間帯は少し遅くなるものの、格安SIM全体として言えることなので特に気にすることはありません。 また、楽天モバイルはプランやキャンペーンが豊富でスーパーホーダイ加入時に契約期間を決めることで端末代金が0円になることも! 楽天モバイルをうまく使って、月々の携帯料金を下げましょう!!

関連記事

楽天モバイルの無制限かけ放題が知りたい!追加の判断基準と注意点2つ

楽天モバイルのかけ放題ってつけるべき…?

【2017】楽天モバイルの契約までに吟味すべきデメリット5選!

「楽天モバイルに乗り換えたいけど、何かデメリットがあるんじゃ…」

楽天モバイルの通話料は高い?料金を50%安くする2つのコツ

「楽天モバイルにしたのに請求金額が高いんだけど…

楽天モバイルはドコモ端末しかテザリングできない?機種を把握しよう

「楽天モバイルってテザリングは使えるの?」「

楽天モバイルでiPhoneは使える?対応端末から設定、セット価格を解説

「楽天モバイルでiPhoneは使えるの?」