更新日:2017/07/13

楽天モバイルはメールアドレスを貰える?iPhoneで行う設定方法

はじめに

キャリアから格安SIMに移行した場合、大きく変わることのひとつにメールアドレスがあります。

当然ですが格安SIMでは、これまで利用していたメールアドレスは使えません。 格安SIMでメールアドレスが欲しい方は、無料で使える楽天メールがおすすめです。

楽天モバイルのメールサービス、楽天メールについてご紹介しましょう。

楽天モバイルにはメール機能がある

楽天モバイルのメールサービス

比較的安定した通信速度に低価格の料金プラン、取り扱う端末の種類も豊富な楽天モバイル。 ドコモ回線の格安SIMの中でも特に人気を集めています。

メールアドレスがないMVNOが多くありますが、楽天モバイルではメールアドレス「楽天メール」を1つ付与されます。 しかも利用料金は0円。

楽天モバイルを契約していれば、誰でも楽天メールを利用できるのです。

楽天メールでできること

メールの保存容量は、大容量の15GB。 これはフリーメールのGmailと同等の容量です。

メールアドレスサービスを行う格安SIMは他にもありますが、無料でこれほどの容量を持つメールサービスを提供しているのは、楽天モバイル以外なかなかありません。

容量が多いので、画像添付など添付ファイルのメールの受信にも適しています。 また、絵文字や装飾機能が使えるのも楽天メールの特徴。 簡単なデコメにも対応しており、絵文字や装飾を使ったメールに慣れていた人は使い勝手よく利用できるでしょう。

楽天メールの使い方

アドレスを登録する

楽天メールを使うには、まずアドレスの登録から行います。 楽天モバイルの会員ページ「メンバーズステーション」で、「楽天メールご登録」を選択し、「お申し込みへ」を押してください。

次に、希望のユーザーIDを入力します。 これがメールアドレスとして使われるので、間違いがないように注意しましょう。

入力が済んだら、「お申し込みへ」で次の画面へ。 登録内容の確認画面になるので、先ほど入力したユーザーIDを確認し、OKならば「お申し込み」を押します。

これでアドレスの登録は完了です。

アプリをダウンロードする

楽天メールは、アプリを使ったメールサービスです。 楽天メールアプリがなければ、Google Playからダウンロードしましょう。 アプリを起動させ、「楽天メール」を選択します。

次の画面で、先ほど登録したメールアドレスと、メンバーズステーションに入るときに使ったパスワードを入力。 ログインのボタンを押して設定完了です。

なお、楽天メールのパスワードは、メンバーズステーション内の「登録情報・設定変更」から変更可能です。

楽天メールの注意点

受信拒否で届かない場合がある

お金をかけずにこれまで通りにメール機能が使える楽天メール。 ドコモやauなどのキャリアを利用する人ともメールでのやり取りができます。

しかしここでひとつ注意点が。 楽天メールはパソコンメールと同じ扱いとなり、受信拒否される場合があります。 受信拒否というのは主にキャリアで初期設定されており、迷惑メール防止のためパソコンからのメールを拒否するというもの。 楽天メールも「パソコンメール=迷惑メール」と判断され、受信されなくなってしまうのです。 この場合、やり取りする前に相手先の受信拒否を解除してもらわなければなりません。

楽天メールに対応できない機種がある

楽天メールを使う際に使用する楽天メールアプリは、使用機種に制限があります。 Android OSの場合、Ver. 4.4以降を搭載の機種しか利用できません。

また、Windows OSやiPhoneなどのiOSも利用不可となっています。 楽天メールを利用しようと検討中の方は、事前に対応する端末なのか確認しておきましょう。

iPhoneで楽天メールを使う方法

iPhoneでも楽天メールが使える!

無料で便利に利用できる楽天メールですが、利用できない機種もあるのは事実のようです。

Androidは利用できるのに、iPhoneは利用できないというのは残念でなりません。 でも大丈夫、安心してください。 iPhoneに入っているメールアプリを活用すれば、楽天メールを使えるようにできるのです。

楽天メールを登録する

まずはAndroidと同じように、メンバーズステーションの「楽天メールご登録」から、「お申し込みへ」を選択します。 希望のアドレスを入力し、確認したら「お申し込み」をタップして楽天メールを取得してください。

約1時間で設定完了となるようです。

iPhoneのメールアプリに楽天メールを登録

次にiPhoneを設定します。 設定からメール、アカウント、アカウント追加を選択していき、その他の項目の「メールアカウントを追加」を選びます。

新規アカウントを設定する画面になったら、メールの欄に楽天メールのアドレス、パスワードには楽天モバイル登録時のものを入力しましょう。

次の画面では「POP」をタップしてください。

iPhoneのメールサーバーを設定する

メールサーバーの設定画面になるので、受信サーバーから入力します。 ホスト名「popmail.gol.com」、ユーザー名には楽天メールのアドレス、パスワードを入れていきます。

送信サーバーのホスト名には「mail.gol.com」を入れ、同じようにアドレスとパスワードも入れてください。

ここまで来たら、最後に画面右上にある「次に」をタップして完了です。 これでiPhoneに搭載されているメールアプリで楽天メールが利用できるように設定されました。

メールを開いて、楽天メールの表示があれば成功です。

無料かつ大容量保存が魅力の楽天メール

楽天モバイルが提供する無料のメールサービス、楽天メール。

費用が一切かからずメールアドレスが持てて、15GBの大容量の保存にも対応しているのは楽天メールの強みと言えるでしょう。

絵文字やデコメも利用できるので、メールのやり取りも引き続き楽しむことができます。 メールを条件に格安SIMを選ぶなら、ぜひ候補に入れて検討してみてください。

関連記事

楽天モバイルの無制限かけ放題が知りたい!追加の判断基準と注意点2つ

楽天モバイルのかけ放題ってつけるべき…?

【2017】楽天モバイルの契約までに吟味すべきデメリット5選!

「楽天モバイルに乗り換えたいけど、何かデメリットがあるんじゃ…」

楽天モバイルの通話料は高い?料金を50%安くする2つのコツ

「楽天モバイルにしたのに請求金額が高いんだけど…

楽天モバイルはドコモ端末しかテザリングできない?機種を把握しよう

「楽天モバイルってテザリングは使えるの?」「

楽天モバイルでiPhoneは使える?対応端末から設定、セット価格を解説

「楽天モバイルでiPhoneは使えるの?」