更新日:2017/07/10

100円の料金払う価値あり!楽天モバイルのSMS設定の必要性とは?

はじめに

ドコモ回線の格安SIMで人気の楽天モバイル。 ネットでの手続きが多いMVNOのなかでも珍しく販売店を全国展開しており、実際に来店して購入を検討することもできます。 今回は楽天モバイルのSMSについて、気になる料金プランや使い方を調査しました。 おすすめのプランやSMSの詳細を知って、格安SIM選びの参考にしてください。

楽天モバイルではSMSが使える!

楽天モバイルが提供するSIMカードには、通話SIM・データSIM(SMSあり)・データSIM(SMSなし)の3つがあり、通話SIMとデータSIM(SMSあり)でSMSが利用できます。 通話SIMにはSMS機能がついているので、データSIMで迷っている場合はSMSありかなしかで決め兼ねている人が多いはず。 SMSなしのSIMは、通話用電波を受信しません。 そのため端末によっては圏外と認識して、電波を探し続けバッテリーを大量消費してしまうこともあります。

しかし、SMSありだとその心配はいりません。 また料金プランもSMSなしとSMSありを比較しても、月額100円程度しか変わらないので、SMSありのデータSIMを選ばれていた方が無難といわれています。

楽天モバイルのSMSでできること

音声通話ができないこと以外は、基本的に音声通話SIMと同等に使えるといっていいでしょう。 多くの人がスマホを使うなかで頻繁に利用するアプリが、LINEではないでしょうか。 LINEなどのSNSサービスは、初期登録の際SMS認証を求められます。 LINEの使用頻度が高くなったとはいえ、本来の機能であるショートメッセージもあった方が便利でしょう。

また、SMSは「050データSIM」と呼ばれることもあります。 これは、050番号で電話の発信・着信が可能というもの。 この050番号の基本料金は0円で、050番号の月額利用料も0円です。 050データSIMで利用できる電話は、格安SIMのサービスでよくある無料通話アプリの電話機能とはまた別物。 そのため、携帯や固定電話に番号は通知されます。

気になるSMSの料金プラン

楽天モバイルSMSの月額料金

最も安いのがベーシックプランの645円です。 これは最大200kbpsの通信速度なので、スマホは持っているだけという方向け。 通常利用には、3.1GBプラン1,020円か、5GBプラン1,570円、10GBプランの2,380円がおすすめです。 データ容量を気にせずたっぷり使いたい方には、大容量プランとして20GBの4,170円と30GBの5,520円があります。

なお、新規契約する際は事務手数料の3,000円が請求されます。 SMSに限らず、どのSIMを選択しても初期費用として必要なものなので、契約する際は3,000円プラスされることを覚えておきましょう。

SMSの通信料

SMS受信は一律0円です。 SMSを受けることに関してお金はかかりませんが、送信するときだけ料金が発生します。 国内に送信する場合は1通3円。 またSMSは海外への送信にも対応。 海外宛てに送信する場合は1通50円となります。 国内と比較して海外宛ては割高なので、使い過ぎには注意しましょう。

楽天モバイルでのSMSの使い方

Android端末で使う

Android端末でSMSを使いたい場合は、ハングアウトというアプリからスタートします。 ハングアウトからSMSの利用を開始する方法は、Android端末においても共通。 アプリを立ち上げると、過去の送受信履歴が表示されます。

新しくメッセージを送りたい場合は、右下にある+から「新しい会話」を選択してください。 次の画面で、うえの枠内に送信先の電話番号を入力します。 電話帳に登録済みなら、名前を入力して連絡先を探すことも可能。

その後、ハングアウトアプリに招待するかの画面が現れるので、「SMSを送信」をタップしてください。 メール作成の画面に切り替わり、これでショートメールが利用できます。

iOS端末で使う

iPhoneなどiOS端末で利用する際は、Android端末よりも手順が非常に簡単。 ホーム画面のメッセージアプリを使います。 送信先を選択すれば、メッセージが送れる画面になり、SMSの利用が可能となります。

楽天モバイルのSMSトラブルを防ぐために

SMSが送信できない場合の対処法

楽天モバイルを使っているなかで、SMSが受信できない、送信できないというトラブルに陥った場合、どうすればよいのでしょうか。 楽天モバイルの公式サイトでは、SMSの送受信ができないときについて、回答などの記述は現在掲載されていません。 実際に楽天モバイルを使っているユーザーの情報で、送受信できない場合の対処法が情報交換されており、主な対処法は2つ。

ひとつはSMSアプリを最新状態に更新すること。 もうひとつはSMSアプリを統一することです。 メッセージアプリを使用したいのに、ハングアウトのアプリで初期設定されている場合は、メッセージアプリでの送受信ができないことがあるようです。 そのため、SMSアプリが複数ある場合はひとつに統一した方がいいでしょう。

タイプが異なるプランへの変更はできない

楽天モバイルが提供するSIMは、通話SIM、SMSありSIM、SMSなしSIMの3タイプから構成されています。 それぞれのタイプで、データ通信量によって金額が変わるというシステム。 契約後でも、SMSありの3.1GBプランから5GBプランへといったプランの変更は可能です。

しかし注意したいのは、タイプが異なる場合のプラン変更はできないという点です。 例えばSMSなしからSMSありに変更することはできず、その場合一旦解約し、再度新規申し込みをしなければなりません。 解約・再申し込みという手間をかけたくなければ、SIMのタイプは慎重に選びましょう。

楽天モバイルのデータSIMはSMSありが便利!

楽天モバイルのSMSについて詳しくご紹介しました。 プランの数は多くはありませんが、最もよく利用されるプランを厳選して用意してあるので、選ぶのに迷ってしまうことはなさそうです。 月額料金もさほど変わらないうえ、SNSサービスやアプリ通話が使えるなどSMSには便利な機能がたくさん。 データSIMならSMSありを選ぶ方が便利に使えるでしょう。

関連記事

楽天モバイルの無制限かけ放題が知りたい!追加の判断基準と注意点2つ

楽天モバイルのかけ放題ってつけるべき…?

【2017】楽天モバイルの契約までに吟味すべきデメリット5選!

「楽天モバイルに乗り換えたいけど、何かデメリットがあるんじゃ…」

楽天モバイルの通話料は高い?料金を50%安くする2つのコツ

「楽天モバイルにしたのに請求金額が高いんだけど…

楽天モバイルはドコモ端末しかテザリングできない?機種を把握しよう

「楽天モバイルってテザリングは使えるの?」「

楽天モバイルでiPhoneは使える?対応端末から設定、セット価格を解説

「楽天モバイルでiPhoneは使えるの?」