更新日:2017/07/10

楽天モバイルの通話simならベーシックプランがお得!損しない2つの方法

格安SIMはデータ通信がメインという方も多いと思いますが、それ故に通話がメインの利用だと「あまりお得にならないのでは?」と考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに電話回線の場合、データ通信回線のようにデータ通信量や速度を制限して、その分割安なサービスを提供するといったことがなかなか難しいため、格安な通話を実現するのは大変です。

しかし、そうした中でも独自性を打ち出し、通話メインの方におすすめできるのが「楽天モバイル」です。 そこで今回は、楽天モバイルの通話部分にフォーカスしてご紹介していきたいと思います。

050でお得に通話するか?安心の完全定額制にするか?

楽天モバイルで通話メインに利用する場合、通話ができる通常の「通話SIM」か、050の電話番号で通話する「050データSIM」の2種類のどちらかを選択することになるかと思います。

通話SIMは、いわゆる普通の通話ができるSIMですが、定額制のかけ放題オプションを付けられるのが特長です。

一方で050データSIMは、その名前の通りデータ通信SIMに、050から始まる電話番号が無料で付いてくるプランです。 通話SIMと違い、データ通信SIMには電話番号が付いてきませんが、このプランではIP電話を050番号で利用できる点が特長です。 電話番号があることで、通常の携帯電話と同じように利用することが可能となります。

そして、IP電話の特性を活かして、携帯電話宛てには9.98円/分、固定電話宛てには3.05円/分というかなり割安な通話料金を実現しています。

楽天モバイル通話SIMの気になる評判は?

そんな2種類の通話ができるSIMを選べる楽天モバイルですが、実際の評判はどうなのでしょうか。

2017年3月にMMD研究所が行った「格安SIMサービスの利用動向調査」では、対象となる5,000人以上の格安SIMユーザーに、メインで利用している格安SIMサービスを聞いたところ、利用率が最も高かったのが楽天モバイルでした。

また、音声通話プランを契約している方のうち、もっとも利用されているのも楽天モバイルとなっており、割安な通話料金、選べるかけ放題プランなどが支持されていることが伺える結果となっています。

また、調査結果などでは表れてはいませんが、格安スマホを大幅値引きで販売するキャンペーンも好評で、毎回売り切れの状態となっており、「楽天モバイルはお得」というイメージも定着してきているのかもしれません。

通話プランとしては最安クラスの1,250円からというお得な料金

格安SIM事業者は各社ともお得な料金プランを打ち出していますが、その中でも通話SIMで最安クラスなのが、楽天モバイルの「ベーシックプラン」です。

月額1,250円のこのプランは、データ通信が200kbpsと低速である代わりにデータ通信量は使い放題なので、これまでガラケーを使っていてちょっとした連絡がメインというご両親など、初めてのスマホの方にぴったりなプランです。

このベーシックプラン以外にも、もちろん高速データ通信が可能なプランもあり、データ通信量に応じて料金が変わります。

通話SIM

ベーシックプラン1,250円
3.1GBプラン1,600円
5GBプラン2,150円
10GBプラン2,960円
20GBプラン4,750円
30GBプラン6,150円

050データSIM(SMSあり)

ベーシックプラン645円
3.1GBプラン1,020円
5GBプラン1,570円
10GBプラン2,380円
20GBプラン4,170円
30GBプラン5,520円

楽天でんわアプリを使って2種類のかけ放題を実現!

そして、楽天モバイルの通話を支えているのが、専用の電話回線を使う「楽天でんわ」というアプリです。

このアプリを通じて通話するだけで、通話先の電話番号の先頭に「003768」というプリフィクス番号と呼ばれる番号が自動的に付与され、専用の回線を通じて通話ができるようになるものです。 この専用回線は、楽天の子会社である通信会社の楽天コミュニケーションズが運営する通話回線なので、通話品質が良く、更に30秒10円という通常の半額の通話料を実現しています。

また、通話料半額だけではなく、 「5分かけ放題」と「かけ放題」の2つのかけ放題オプションが選べるのが最大の特長です。

5分かけ放題は、月額850円をプラスすれば、国内通話で1回の通話時間が5分以内であれば何回でもかけ放題になるサービスです。 ちなみに、5分を超えた分の通話料は30秒10円となりますが、この通話料も格安といえるでしょう。

一方で、かけ放題は月額2,380円で国内通話が何分でも何回でもかけ放題となるサービスです。

大手キャリアのかけ放題プランは、2年縛りの契約無しでは4,200円程度、2年縛りの契約有りでも2,700円程度になるため、比較すると大幅に安く済みます。

短い通話中心の方であれば、5分かけ放題で十分かと思いますし、とにかく長電話をすることが多いという方は、かけ放題にしておけば、時間を気にせず通話できるので安心です。

解約やプラン変更はどうなってるの?

通話に強い楽天モバイルですが、残念ながら使ってみたら自分の使い方には合わなかった、ということもあるかもしれません。

もし解約を希望する場合、解約手続きの締め日が15日なので、毎月15日までに手続きを行いましょう。 また、MNPの場合の締め日も同様に15日となり、15日を過ぎると翌月の料金を支払うことになるので注意が必要です。 加えて、契約してから12ヵ月以内にMNP転出を行う場合、9,800円の違約金が発生しますので、併せて覚えておきましょう。

一方で、月々のデータ通信量を5GBから10GBに変えるといったプラン変更は、手数料がかからないため気軽に変更する事ができます。

手数料が必要ないため、とりあえず最安のベーシックプランで契約して、データ通信の利用状況を見ながら適正なプランに変更していく、といったような使い方も可能です。

通話メインなら楽天モバイルが断然おすすめ!

楽天でんわは、データ通信を使ったIP電話と違い、電話回線を使ったサービスなので、ビジネスでも安心して使えます。 ベーシックプランとかけ放題の組み合わせは、通話メインのプランとしては業界最安値の水準なので、電話としてしっかり使いたい方には、楽天モバイルが最もおすすめの格安SIMと言えるでしょう。

関連記事

楽天モバイルの無制限かけ放題が知りたい!追加の判断基準と注意点2つ

楽天モバイルのかけ放題ってつけるべき…?

【2017】楽天モバイルの契約までに吟味すべきデメリット5選!

「楽天モバイルに乗り換えたいけど、何かデメリットがあるんじゃ…」

楽天モバイルの通話料は高い?料金を50%安くする2つのコツ

「楽天モバイルにしたのに請求金額が高いんだけど…

楽天モバイルはドコモ端末しかテザリングできない?機種を把握しよう

「楽天モバイルってテザリングは使えるの?」「

楽天モバイルでiPhoneは使える?対応端末から設定、セット価格を解説

「楽天モバイルでiPhoneは使えるの?」